検索オプションを使いこなして更に快適に Google検索">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

検索オプションを使いこなして更に快適に Google検索

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です。

 

今回は、Google検索をするときの「検索オプション」(条件を指定して検索結果を絞り込む機能)について勉強してみました。

 

 

Google検索結果をより効率的に絞り込みたい場合は、「検索オプション」が有効。

検索する言語や地域などを予め指定できるので、特定の言語・地域で検索する場合がほとんどであるならば、任意のものを設定しておこう。また、サイトやドメインを指定したり、検索対象の範囲などを設定することも出来る。

「セーフサーチ」では不適切んサイトを検索の対象外にできるので、子供が利用する場合などに設定しておこう。

ファイル形式を指定することで、そのファイルのみを絞り込める。

Googleサービスが全部わかる本 洋泉社 参照

 

 

検索オプションを表示する

 

Googleのトップページ右下の「設定」をクリック。

 

「メニュー」から「検索オプション」を選択する。

 

「検索オプション」が表示されました。

 

 

検索オプションを3つに分断して写してみました

 

「検索オプション」には、こんな項目があります、というのを見やすく書き写しておきました。

 

本当は、各項目をクリックするとプルダウンで選択肢が表示されます。

     ↓

検索オプション

 

各項目についてのブログ記事のあるものは「関連記事」としてリンクを貼っておきました。

 

検索するキーワード

 

すべてのキーワードを含む 重要なキーワードを入力します(例: テリア トライカラー ) 関連記事
語順も含め完全一致 検索対象と完全に一致するキーワードを二重引用符で囲んで入力します(例: “ヨークシャー テリア” ) 関連記事
いずれかのキーワードを含む キーワードとキーワードの間にORを挿入します( 例:小型 OR 中型 ) 関連記事
含めないキーワード 検索結果から除外するキーワードの先頭にマイナス記号(-)を付けます(例:-紅茶、-ジャックラッセル”) 関連記事
数値の範囲 〇〇~〇〇 2つの数値の間にピリオドを2つ挿入し、単位を付記します( 例  5..15kg 、 $300..$500、 2010..2011 )  

 

検索結果の絞り込み

 

言語 すべての言語 検索対象とするページの言語を選択します。  
地域 すべての地域 特定の地域に属するページのみを検索対象にします。  
最終更新 指定なし 最終更新日時が指定の範囲に該当するページを検索対象にします。  
サイトまたはドメイン   検索範囲として、特定のサイト(wikipedia.orgなど)またはドメイン(.edu .org .govなど)を指定します。 関連記事
検索対象の範囲 ページ全体 検索対象として、ページ全体、ページタイトル、URL、目的のページへのリンクのいずれかを指定します。  
セーフサーチ 最も関連性の高い検索結果を表示 アダルトコンテンツを除外するかどうかをセーフサーチで指定します。 関連記事
ファイル形式 すべての形式 検索対象とするページのファイル形式を指定します。 関連記事
ライセンス ライセンスでフィルタリングしない 自由に使用できるページを検索対象にします。 関連記事

 

その他オプション

 

URLに類似またはリンクしているページを検索

アクセスしたページを検索

検索ボックスで演算子を使用

検索設定をカスタマイズ

 

まとめ

 

検索オプションは、入力フォームがあって、「選択」したり「キーワード」「数値」を記入するだけで良い事がわかりました。

 

結構簡単操作なので、これから是非使ってみたい機能です。

 

ブログ記事を追加で書いたら、後でまた「関連記事」くっ付けに来ます。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.