Gmail の検索オプション ~複数の条件を加えてメールを検索する~">

勉強したことをアウトプット

Gmail の検索オプション ~複数の条件を加えてメールを検索する~

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんか@menkakakaです!

 

「 Gmail 」で使う「 検索オプション」について書いてみました。

 

「検索ボックス内にある下向き矢印」をクリックすると表示されます。

 

様々な条件で検索結果を絞り込むための画面で「数値」「期間」などの「各種条件」を入力するだけです。

 

膨大な数のメールの中から目的のメールが瞬時に呼び出せるなんてすごいですね。

 

 

 

 

これは目次です。

Gmail の検索オプション の画面構成

 

 

 

検索ボックスの右横にある▼をクリックすると、

 

 

 

 

 

詳細な検索条件を指定できる検索オプションが表示されます。

 

複数の条件を設定するのも可能。条件を設定したら「 検索 」をクリックします。

 

 

 

 

「Google 検索 」だけでなく「Gmail 内 」でも「 検索オプション 」が使えるんですね。

 

 

 

 

 

目次に戻る

検索オプションの項目

 

 

検索オプション画面の各項目についての説明です。

 

 

宛先・送信元

 

 

「宛先」「送信元」を「 From / To  」欄に記入しメールを絞り込みます。

 

「メールアドレス」の一文字入力するとアドレスの候補が上がりますのでわざわざ入力しなくても済む。

 

( ※ 設定で表示されないようにすることも出来る )

 

 

 

 

「名前」でも候補が上がります。

 

 

「検索」をクリックします。

 

 

目次に戻る

件名

 

 

 

メールを開く前の一覧に表示されているのが「 件名 」

 

 

 

 

 

「件名」に含まれているであろう「 成果 」という「キーワード」で検索してみました。

 

 

 

 

 

「 件名 」に「 成果 」というキーワードが含まれたメールがたくさん出てきました。

 

 

 

目次に戻る

含む・含まない

 

 

 

件名や本文中に「キーワード」が含まれている /  含まれていないメールを検索。

 

 

 

 

こんなところからも拾ってきてくれてビックリ。

 

 

 

 

 

💡「 Feedly」を「 Fee 」で検索したらダメでした。

 

「単語」として「一纏め」になっているものならばOK。

 

 

 

 

目次に戻る

次の値より大きい・小さい

 

 

 

「 値」とは、メールに添付された画像やその他の形式のファイルの大きさのことです。

 

 

 

「ファイルの大きさの単位」はややこしいめん。

 

                

 

 

目次に戻る

ある日付を挟んだ前後何日間かのメールを検索

 

 

 

ある日付を挟んだ前後何日間かのメールを検索できます。

 

 

 

 

ここでは 2018.01.09 を挟んだ前後3日間のメールを検索してみました。

 

 

 

 

このように検索されます。

 

 

 

目次に戻る

メールボックス

 

 

 

受信トレイで見かけるメールボックスのことですね。

 

これは、受信トレイで検索するのと同じですね。

 

 

 

 

目次に戻る

フィルター

 

 

 

条件をいくつか入力して「 フィルターを作成 」ボタンを押すと、条件に合致するメールをフィルターにかけることが出来るようになります。

 

 

 

 

「 条件を絞って割り出したメールをどうしますか?」と聞かれる「 フィルターを作成 」する画面が開きます。

 

 

 

 

有り得ないフィルターのかけかたをすると「本当に次のステップに進んでもよろしいですか?」と注意を呼びかけられます。

 

が、無理やりフィルターをかけることも可能らしい。

 

 

 

 

 

「 送信元 」「 宛先 」のみで検索したメールにフィルターをかけるのはもちろんOK。

 

 

 

 

目次に戻る

添付ファイル付き

 

 

 

 

「添付ファイルあり」にチェック☑  を入れると「ファイル付きメール」を検索することが出来ます。

 

 

 

 

 

「検索オプション」を使って検索しましたが、

 

よく見ると検索窓に「has:attachment  」などと書かれています。

 

「検索オプション」を使わずに、直接「has:attachment  」と「検索演算子」を入力できればそれでも良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

目次に戻る

チャットは除外する

 

 

チャットを除外したメールが表示される。

 

チャットなんか普段やらないので、ウチでは全部のメールが出てくるということになります。

 

 

 

 

 

「 検索演算子 」は「 -in:chats  」と自動的に入力されます。

 

 

 

 

 

試しに「 -in:chats  」から「-」を除いた「 検索演算子 」で検索してみました。

 

「 チャット 」のブログ記事を書くために書いたことのある「3件分」が検索されました。

 

 

 

 

 

目次に戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク




スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.