Gmailの空き容量とは?確認と増やし方

スポンサードリンク

「Gmail の容量を確保する」についてまとめてみました。

結論から言うと「Gmailの空き容量を増やす」には「Googleドライブ」「Gmail」「Googleフォト」で、ストレージを圧迫するものを削除していけば良い。

それか「GoogleOneにアップグレード」をして追加の容量を購入します。

Google One は、Google ドライブ、Gmail、Google フォト共通のストレージを追加で定期購入できるプランです。

Google Oneヘルプ-既存のストレージと Google One の仕組み-Google アカウントで無料で提供される保存容量 参照

Gmailの空き容量とは?

「Gmail の容量を確保する」とGoogleサービスの書籍にあったので「Gmail」だけで管理するものと勘違いしていましたが、そうではなかった。

すべての Google アカウントには、Google ドライブ、Gmail、Google フォトで共通の保存容量があらかじめ無料で提供されています。

Google Oneヘルプ-既存のストレージと Google One の仕組み-Google アカウントで無料で提供される保存容量 参照

Googleヘルプを眺めると、

「使用しているストレージは「Googleドライブ」「Gmail」「Googleフォト」で共有される。」となどとなっていて、この「共有されている」「共通の」がキーワードな模様。

「Google ドライブ、Gmail、Google フォトで共有されるストレージ」=「ドライブに用意されている無料の保存容量15GB」のことですね。

ともあれ、ストレージを一番圧迫するのは「大きいファイル」なのでこれらを削除すると良い。

こうすることによって15GBの内、使った分の数字(ここでは10.35GB)からマイナスされてストレージに空きが出来ることになる(下図参照)。

 

Googleドライブの空き容量を確認

ドライブの画面に使用したストレージが表示されています。

Googleドライブの空き容量を増やす

「ストレージ管理ツール」を使ってサイズの大きいファイルを削除

Googleドライブの空き容量を増やすには、上図の「保存容量を購入ボタン」から「ストレージ管理ツール」に入る。

「ストレージ管理ツール」を使うだけなのでボタンを押しただけでは「購入」にはなりません。

「アカウントの空き容量を増やす」のところからツールを出して、サイズの大きいファイル群を削除することが出来ます。

↓「ストレージ管理ツール」

「ストレージ管理ツール」では「サイズが大きいアイテム」などが既に纏まめれているので削除も簡単。

「検索オプション」「検索演算子」を使ってメールやファイルを探さなくても済む。

削除したものはそのうち「ゴミ箱」からもいなくなるので、取り敢えず削除をすれば良いわけです。

Gmailで「迷惑メール」に振り分けた分は「迷惑メールのフォルダー」に入っているだけなので、削除します。

「ストレージ管理ツール」の「破棄されたアイテム」コーナーに別途纏まっています。

「Googleフォト」に保存してある画像や動画を「高画質」で保存

「元のサイズ」と「高画質」があって、一見「高画質」のほうが容量を食いそうなイメージですが逆。

もし設定で「元のサイズ」になっていたら「高画質」にチェクを入れ直し、既に「元のサイズ」で保存されているものは容量を開放する。

但し2021.06からは「高画質」でもストレージを使うようになるとのこと。

Google フォトのストレージ ポリシーに関する重要なお知らせ 参照

画質が「高画質」で良ければ6月までに「容量を開放」を急ぐという手もあるのかも知れません。

わかったことまとめ

  • Googleドライブ、Gmail、Google フォトは、Googleドライブの共通のストレージ(無料だと15GB)を使っている。
  • 「Gmailの空き容量を増やす」とは「ドライブの空き容量を増やす」と同じ意味。
  • 「容量の確認」は「ドライブ」の画面からできて「保存容量を購入」のリンクから容量を確保する画面に入れる。
  • 容量を確保する画面「ストレージ管理ツール」 には「サイズが大きいアイテム」などが既に纏まめれているので削除するのに便利。
  • 「迷惑メール」のフォルダーに入ったメールは「削除されたメール」ではないので別途削除する必要あり。
  • Googleフォトに保存している画質が「高画質」で良ければ、2021年6月までに「容量を開放」を急ぐという手もあり?

関連

参考

タイトルとURLをコピーしました