「フィルタ」で不要なDMなどを排除! 自動振り分け「削除」設定でゴミ箱行き → 30日後に完全削除">

勉強したことをアウトプット

「フィルタ」で不要なDMなどを排除! 自動振り分け「削除」設定でゴミ箱行き → 30日後に完全削除

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です!

 

読まないメルマガやDMを「配信解除」するのが面倒な時(どうしても出来ないものもあるらしい)に便利な設定。

 

フィルターを使って「メールの自動振り分け設定」して「ゴミ箱」に入るようにします。

 

設定により、既に来ているメールにも対応してくれます。

 

「ゴミ箱」に入ったメールは30日後に完全に削除されます。

 

 

 

 

自動振り分け設定

 

 

該当のメールを開く➞➞ 「 メールの自動振り分け設定」とクリックしていきます。

 

 

 

「フィルターを作成」をクリック。

 

 

 

これまでに来ている該当メールにも適用したいときには、「削除する」の他に「〇〇件の一致するスレッドにもフィルターを適用する」にもチェックします。➞「フィルターを作成」

 

 

ゴミ箱に本当に入っているのかを確認してみます。

 

メールボックスで「もっと見る」をクリックするとプルダウンで更にメニューが出てくる。➞「ゴミ箱」をクリック。

   

Gmailの検索窓に「 in.trash 」を入れても良い( ⇐ 知ったか )

 

ゴミ箱にちゃんと IN してました。

 

ゴミ箱に入ったメールは30日後に削除されます。

 

即刻削除したいときにはゴミ箱を空にします。

 

 

フィルターを外すときの設定

 

 

 

「Gmail」を開きます。

 

 

 →「設定」とクリックしていきます。

 

 

 

 

 

 

↓ 「フィルターとブロック中のアドレス」選択。

 

 

↓ 該当フィルターを選択

 

 

 

↓ 「選択したアドレスの解除」をクリック。

 

「 フィルタの削除を確認 」は「OK」をクリック。

フィルターを削除することが出来ました。

 

 

 

 

 →「設定」➞「フィルターとブロック中のアドレス」

 

フィルターの「編集」「削除」の方もここで出来ます。

 

 

 

 

フィルター設定を削除してもゴミ箱に一回入れてしまったメールは戻らない →「移動」で 

 

 

フィルターを削除しても、ゴミ箱に入ってしまったメールは復元しない。

 

もしもメールを復元したいときは30日後にゴミ箱からもなくなってしまう前に「 受信トレイ 」に「 移動 」すると◯。

 

「 ゴミ箱 」( =in.trash )を開き、該当メールを選択すると上部にメニューが出てくるので「 移動 」をクリック。

 

 

移動先に「受信トレイ」を選択。

これで、ゴミ箱からもう一度メールを出すことが出来ました。

 

 

~ めんかのひらめきメモ ~重要性のないメールをゴミ箱管理?!

 

 

「 消えてしまっても構わないけど時々は読んでみたい重要性のないメール 」をゴミ箱で管理するのはどうか?

 

「ゴミ箱」というと聞こえが悪いですが、この設定応用できそう! とちょっと思いました。

 

メールの閲覧はゴミ箱に見に行けば良いのだから。。。。

 

「Gmail」も長年使っていると「Googleフォト」と相まってそのうち空き容量が不足してきそうな気配。

 

うちにはDMぐらいしか来ませんが、インスタもほとんどやらないし普通より使用頻度は低いと思うのですが5年(ぐらいかな?)で、これです。

 

私はGmailの使用頻度は低いほうだと思うのですが、5年?経過して、68%の使用率です。

 

メールは対して占めてないですが、メールが溜まる一方というのも気持ち悪いですからね。

 

 

関連資料

 

 

フィルター機能を使って指定したアドレスのメールのみ転送する~閲覧漏れ防止~

 

「Gmailの空き容量の調べ方」&「容量の確保(=増やし方)」

 

Gmailヘルプ  メールのフィルタールールの作成

 


この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.