「フィルタ」で不要なDMなどを排除! 自動振り分け「削除」設定でゴミ箱行き → 30日後に完全削除">

勉強したことをアウトプットしてるめん❣

スポンサードリンク

「フィルタ」で不要なDMなどを排除! 自動振り分け「削除」設定でゴミ箱行き → 30日後に完全削除

WRITER
 
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です!

 

メルマガやDMのなかには「配信解除」がどうしても「出来ない」・「させない」というものがあるらしく自分も経験があります。

 

そんなときは「メールの自動振り分け設定」で「ゴミ箱」に入るような設定をします。

 

「フィルタを使って不要なDMなどを排除する方法」です。

 

この設定で「ゴミ箱」に入ったメールは30日後に、完全削除されるというわけです。

 

 

自動振り分け設定

 

 

該当のメールを開くと、右側にメニューが現れるのでクリック。

「メールの自動振り分け設定」を選択。

 

 

「フィルターを作成」をクリック。

 

 

「削除する」・「〇〇件の一致するスレッドにもフィルターを適用する」にチェックします。

この差出人からのメールを受信すると同時に削除する設定になります。

これまでに送られてきたメールにも適応できます。

 

「 in.trash 」(= ゴミ箱 )を漁ってみた❣ これまでのメールもゴミ箱にIN してました。

ゴミ箱に入ったメールは30日後に削除されます。

 

 

フィルター設定の削除・編集

 

 

フィルター設定を戻したい時の方法です。

 

 

まず、「Gmail」を開きます。

 

 

 →「設定」とクリックしていきます。

 

↓ 「フィルターとブロック中のアドレス」選択。

 

↓ 該当フィルターを選択

 

↓ 「選択したアドレスの解除」をクリック。

 

「 フィルタの削除を確認 」は「OK」をクリック。

フィルターを削除することが出来ました。「編集」の方もここで出来ます。

 

フィルター設定を削除してもゴミ箱に一回入れてしまったメールは戻らない →「移動」で 

 

 

フィルターを削除しても、ゴミ箱に入ってしまったメールは復元しないんですね。

 

もしもメールを復元したいときは30日後にゴミ箱からもなくなってしまう前に「 受信トレイ 」に「 移動 」すると◯。

 

「 ゴミ箱 」( =in.trash )を開き、該当メールを選択すると上部にメニューが出てくるので「 移動 」をクリック。

 

 

移動先に「受信トレイ」を選択。

これで、ゴミ箱からもう一度メールを出すことが出来ました。

 

「 消えても構わないけど時々は読んでみたい重要性のないメール 」をゴミ箱で管理 ~ めんかのひらめきメモ ~

 

「ゴミ箱」というと聞こえが悪いですが、

 

「 消えても構わないけど時々は読んでみたい重要性のないメール 」

 

このようなメールに、今のこの設定しても良さそうかな? とちょっと思いました。ゴミ箱に見に行けば良いのだから。。。。

 

Gmailも長年使っているとそのうち空き容量が不足してくるとのこと。

 

どんどんメールが溜まる一方じゃないのが爽快感がありそうw

 

関連資料

 

 

「Gmailの空き容量の調べ方」&「容量の確保(=増やし方)」

 

Gmailヘルプ  メールのフィルタールールの作成

 


この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.