「フィルタ」を使って不要なDMなどを排除する方法 ~Gmail管理~">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

「フィルタ」を使って不要なDMなどを排除する方法 ~Gmail管理~

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です!

 

「フィルタを使って不要なDMなどを排除する方法」を、今日は学習しました。

 

これは、「配信解除」がどうしても出来ないメルマガやDM「読む前に削除」するのにうってつけの方法であることに気付きました。

 

メール削除後、自動でゴミ箱行き!ゴミ箱のメールは30日後に自動削除されて無くなるという設定。

 

自分で作ったGoogleアカウント2つを使って、実際に実験してみました。

 

 

 

整理するのが面倒なDMを一網打尽!

ダイレクトメール(DM)などが頻繁に届き、その都度整理するのが面倒であれば、フィルター機能を使って、自動で削除する設定にしておくと良い。この差出人から送られてきたこれまでのメールにも適応できるので、DMをまとめて整理したい時に活用するといいだろう。

Googleサービスがぜんぶわかる本 洋泉社  参照

 

自分で作ったGoogleアカウント2つを使って実験してみました。

 

自分で作ったGoogleアカウント2つを使って送受信の実験!

 

右上のメニューで「メールの自動振り分け設定」を選択

 

フィルター設定画面で「削除する」にチェックを入れると、この差出人からのメールを受信すると同時に削除する設定になる。

 

フィルター設定後「メール受信側のゴミ箱」にダイレクトに入ることを確認

 

フィルター機能を使って設定した後に届いたメールは「ゴミ箱」の中に入っていました。尚、ゴミ箱のメールは、30日後に自動削除されることとなっています。

 

「受信側のアカウントのメールボックスの受信トレイ」で、メールを開いてみると、確かに・・・自分が自分に送ったメールの本文です。

 

「この差出人から送られてきたこれまでのメール」にも適応できる!

 

「この差出人から送られてきたこれまでのメールにも適応できる」とありますが、本の方ではよく説明がされていませんでした。

「4件のこれまでのスレッドにも適用」にもチェックを入れてみました。

 

これまでに来たこの差出人からのメール分も全てゴミ箱に入りました。

 

「Gmailヘルプフォーラム」~Gmailの知識を持ち合わせているエキスパートたちのサポートが受けられる~

 

私は「Googleサービスがぜんぶわかる本」 洋泉社 を読んでさらっとおさらいという感じなのですが、Googleサービスはネットで調べると奥が深いです。本でわからないことはGmailヘルプフォーラムというサービスもあるので活用したいと思います。

 

「Gmailヘルプフォーラム」内で質問に答えているユーザーがランク分けされているそうです。Gmailの知識を持ち合わせているエキスパートたちのサポートがここで受けられます。

Gmailヘルプフォーラム フォーラム回答者のご紹介 トップレベル ユーザープログラム 参照

 

まとめ

 

これは、「配信解除」がどうしても出来ないメルマガやDMを「読む前に削除」するのにうってつけの方法であることに気付きました。

 

「フィルタを使って不要なDMなどを排除する方法」この機能を使ってメールボックスの整理もしてみようと思いました。

 

関連記事 ↓

「Gmailの空き容量の調べ方」&「容量の確保」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.