画像に矢印や文字を挿入出来る Evernoteの注釈追加機能  ">

勉強したことをアウトプット

画像に矢印や文字を挿入出来る Evernoteの注釈追加機能  

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんかです。

 

Evernoteには 画像 に矢印や枠線・文字の書き込み・目印・を付ける 注釈追加機能 があります。

 

( “Evernote 内で画像や PDF に注釈を描き込む” とも言う )

 

注釈を付けてやることによって、画像やPDFが見やすくなりそうですね。

 

「画像のアップロード」→「注釈機能を使う」  → 「注釈をつけた画像の保存 」の手順を書いてみました。

 

 

 

 

Evernoteはホームページからダウンロード

 

 

 

Evernoteはホームページからダウンロードできます。無料です。

 

 

 

 

新規のノートを開いてエバーノートに画像やPDF をアップする。

 

 

 

 

 

注釈機能を使う

 

 

新規のノートを開いてエバーノートに画像やPDF をアップしたあと、

 

画面の上で右クリックするとメニューが出てくるので「この画像に注釈を追加 」をクリック。

 

 

 

 

画像に注釈を付けるための「ツール」が現れます。

 

 

 

 

ツールの機能! 上から順に、

 

  • 矢印を挿入
  • 文字を挿入
  • 枠を付ける
  • 手書きのマーカーと蛍光ペン
  • モザイク
  • スタンプ
  • 切り取り
  • 色の変更
  • 文字サイズ・太さ

 

 

 

 

 

 

矢印

 

 

デフォルトで8色。

 

 

 

「矢印」はマウスをドラッグして描きます。

 

向きが自由自在で、カスタム色はパレット?上をクリックして調節。矢印の太さは 部分で調節。

 

 

 

線の太さの設定。太さの違う矢印。

 

 

 

 

「矢印」を選択してから使います。

 

 

 

 

マーカーと蛍光ペン

 

 

「マーカー」(上)と「蛍光ペン」(下)のアイコン。

 

 

 

一見「マーカー」のアイコンしか表示されていないので「蛍光ペン」があったのは最近まで気付きませんでした。

 

「 マーカー」アイコンをクリックすると「蛍光ペン」が出てきます。

 

 

 

 

マウスでドラッグして描きます。やはり色、太さの設定ができます。

 

「蛍光ペン」の方は、下の文字が透けて見えます。

 

 

 

画像にテキストを追加( 文字乗せ )

 

 

 

「テキスト」フォントの種類は1種類のみですが、どんな色の背景の上からでも見やすいように「白または黒の輪郭」が付いています。

 

 

 

 

 カスタム色も選択できるので、背景に合った色を選ぶことが出来ます。

 

 

 

「画像にテキストを追加」アイコンをクリック。

上から2番めのアイコン。

 

 

 

 

クドいですが、色の選択、デフォルトでは 8色ですが、

 

 

カスタム色もあります。パレット?上をクリックして調節。文字のサイズは 部分で調節。

 

 

 

 

 

枠を付ける

 

 

 

をクリック。線の太さ・色の設定をして、マウスをドラッグして図形を描きます。

 

 

上から3番目のアイコン。

 

 

 

 

 アイコンをクリックすると太さの選択ができます。

 

 

 

 

デフォルトでは8色。

 

 

 

 

色もいろいろ作れます。

 

 

 

 

やりすぎ↓

 

 

 

 

ただの線 はまっすぐに描けます。

 

 

 

 

 

枠線追加機能 更に詳しく !

 

エバーノートの注釈機能 ~画像の中で 目立たせたいところに「 枠線 」を付ける~

画像自体に枠線を付けるという裏技を見つけました !

 

 

 

モザイクを付ける

 

 

 「モザイク」上から5番目のアイコン。

 

 

 

 

人間の顔をボカしたりなどがマウスのドラッグで簡単に出来ます。

 

 

 

 

 

スタンプ

 

 

 

 「スタンプ」アイコン・・・色によって、「拒否」「疑問符」「注意」「承認」「最高」となっています。

 

 

  • ただのクリックのときはスタンプ
  • クリックしたあと、マウスをドラッグすると付箋が登場
  • 更にもう一回クリックすると「テキストが挿入できる窓」と「方向を変えるための緑の点」が出てきます

 

 

 

 

下から4番目のアイコン。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像の切り取りが出来る

 

 

 

 「画像切り取り」アイコン・・・画像の範囲を指定して切り取りも出来る。

 

 

 

 

画面右上で「 Apply 」の方クリックで「決定」が出来ました。

 

エバーノートの方では「切り取り」、実はあんまり使っていないので勉強し直して 追記します ♪

 

ごまかす。。。。。

 

 

画像を保存

 

 

「画面の上で右クリック」➞「名前を付けて保存」をクリック

 

 

好きな場所に名前を変更して保存。

 

ここでは、

 

「保存場所・・・デスクトップ」

「ファイルの名前・・・ねんど3」

 

としました。

 

 

「保存」をクリックして完了 !

 

 

 

エバーノートの注釈機能を使っていて、操作を間違えたとき

 

 

 

エバーノートの注釈機能を使っていて、操作を間違えたときは「 Edit 」「 Undo 」で一つ前の動作に戻れます。

 

 

 

レポートには 注釈 付くのか ?

 

 

 

今までのは、画像やPDF への注釈の追加でしたが、メモ・レポート には同じような機能はあるのか ツールバーを見てみました。

 

文字を斜めにしたり、下線を引いたり、箇条書きにしたり「コードブロック?というもの」を付けたり出来ますが「矢印」「枠線」はありませんでした。

 

でも「ハイライト」が付きます。

 

※ 急いで講話をメモってきたときのメモ。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.