「ファイル形式を指定して検索する」">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

「ファイル形式を指定して検索する」

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -

 

「Googleサービスが全部分かる本」を勉強中のめんかです。

 

今回は、「ファイル形式を指定して検索する」を勉強しました。

 

統計資料をまとめたExcelやPDFのデータを参照したい時に便利な検索技です。

 

ファイルの種類を限定して検索してみます。

 

 

 

「ファイル形式を指定して検索する」

 

「大学合格に関するxlsの数字を調べる」を例に取ります。

 

「ファイル形式を指定して検索する」には、キーワードの後にスペースを入れます。

 

「filetype:」の後にファイルの拡張子を入力します。

 

Ezcel・・・「xls」

 

PDF・・・「pdf」

 

Word・・・「doc」

 

なので「filetype:xls」となります。

 

大学合格に関するものなので、

 

「大学合格 filetype:xls」となります。

 

 

 

「大学合格 filetype:xls」と「部活動 filetype:xls」と試しに検索してみました。括弧は取って入力します。

 

xlsファイルで指定したのでそのようなページがずらりと出てきました。

 

びっくりしたのは、リンクをワンクリックすると、パソコン内のどこかに勝手にダウンロードされてしまうということ。

 

しかし「ダウンロード」の場所からはデータが見つからず、仕方ないので「クイックアクセス」「最近使用したファイル」から取ってきました。

 

 

ダウンロードされてしまった「xls ファイル」は一体どこに自動保存されているんだろう。。。?

 

 調べてみましたら、パソコンの機種によっても違うようですが、保存先を手動で変更出来たりもするようです。NEC  LAVIE 参照

 

とりあえず「あれ? どこ行った?」と思ったら、クイックアクセスから拾ってくるか、もう一度元のページ(検索結果に出てきたページ)に戻って、リンク(青く反転した文字)を右クリックすると、好きなところに保存出来るようです。

 

1 ①ブルーに反転しているリンク部分を右クリック→ ②「名前を付けてリンク先を保存」をクリック

 

2 ①保存先をドキュメントに指定 → ②分かりやすくファイル名を変更する→ ③保存

 

3 「学校データ」ととりあえず名前を変更しました。

    「ドキュメント」に保存先を指定しました。

デスクトップよりもそれ以外の他の場所のほうが整理し易いと言われています。

 

 

 

「部活動 filetype:xls」の方のデータ

ネットで公開されているのでモザイクをかける必要もなかった気がしますが、ちょっと気が引けたのでかけさせてもらいました。

 

 

「大学合格 filetype:xls」の方のデータ

ネットで公開されているのでモザイクをかける必要もなかった気がしますが、ちょっと気が引けたのでかけさせてもらいました。

 

 

しかし凄いですね! 数字が並んだxlsファイルのページだけが検索結果に出てくるなんて。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.