Google検索 検索ボックスを電卓として活用する  ">

勉強したことをアウトプット

Google検索 検索ボックスを電卓として活用する  

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは❣めんか(@menkakaka)です!

 

Googleの検索ボックスが計算機になるって知ってましたか?

 

計算式をそのまま入力してしまうんですよ。

 

傍らに電卓を置いておかなくても良いほど便利!

 

それに、関数などのかなり複雑な計算やグラフの作成もできる。

 

 

計算式をGoogle検索する

 

 

Googleのトップページ検索ボックスに計算式を入力すると、計算結果と電卓が表示されます。33+25とやってみました。

「電卓の画像」が表示されるので、「追加の計算」を行うことも可能。

 

キーボードでの「÷」「×」の場所

 

キーボードで「÷」と「×」の位置がわかりにくいんですよね。

 

 

「*」が「×」「/」が「÷」だったんですね。

 

場所をどうしても覚えられなければ、以下の手もあります。

 

「1+1」など簡単な数式を入力してから「Enterキー」を押下して「電卓」を出現させる。

 

「100わる25」➞ 「Enterキー押下」でも答えまで出てくることが判明 ❣

 

 

 

 

 

新しいタブを開いて計算すれば、画面を切り替えながらの作業も

 

新しいタブ

パソコン画面の上の所ですね。

 

「+」をクリックすると「新しい検索窓」が表示されますが、いままで見ていたページにも簡単に切り替えることが出来ます。

 

「あっちゃこっちゃ」出来ます。

 

ページをいちいち開き直さなくても良いんですね。

 

三角関数を使った複雑な計算などもできる

 

「Googleの電卓機能」は、簡単な四則の計算をするだけでなく「算数」・「関数」・「物理定数の値」・「規定変換と代表的な変換も出来ます。

 

グラフ表示が出来るのは「三角関数」・「指定関数」・「対数」・「3D」グラフ。( 私にはナンノコッチャ?!ですけど )

 

「電卓画像」の右下の「詳細」をクリックすると、

 

「 Google検索ヘルプ 電卓、単位変換、色コードの管理 」というページが出てきます。更に、

青くなっている文字をクリックすると、新しいページが表示されます。

 

リンク( 青い文字 )をクリック。

 

難しいことはわかりませんが、なんだか凄いですね。。。。

 

ためしに簡単な関数を入力してみました。

 

簡単な関数なら分かるので、計算式を入力してみました。

 

グラフまで出てきた!!

[/aside]

 

しかもこれ、可動性w

 

 

これは、ネット上から拾ってきました。なんか、カッコいい。。。

 

 

「Googleの電卓機能」は、こんなふうにサラッと現れますが、「足し算」や「掛け算」といった簡単な計算から複雑な計算まで多用な用途に対応しています。

 

その場に「紙とペン」「電卓」がなくても、いつも携帯しているスマホで簡単に計算ができるなんて便利ですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.