特定の言葉ごとまるごと含んだページを探す  Google検索">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

特定の言葉ごとまるごと含んだページを探す  Google検索

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

検索キーワードの前後に「”」(ダブルクォーテーション)を付けて検索すると、その語句をまるごと含んだページのみを検索できるそうです。本当かな?と疑わしかったので、かなりひねくれた実験をしてみました。

 

”テープ起こしを頼まれた当初は、テープレコーダーを聞きながら書いて”

 

これを検索窓に入力! ゲッ! ほんとに出てきた(笑)あっけなかった。

 

かなりレアなものも正確に炙り出されてしまうんですね!

 

自分のブログ記事の一部を半端なところで区切ったものでした。

 

 

「Googleサービスがぜんぶわかる本」より、「Googleサービスの基本中の本!検索機能をマスターする」の項目「特定の言葉ごとまるごと含んだページを探す」を実践してみました。

 

自分のブログの文章を、変なところで区切って「”」を付けて検索してみる

 

「”」(ダブルクォ-テーション)を付けて検索すると本当に、その語句をまるごと含んだページが出てくるのだったら、自分が書いた文章そのままを割と長く、しかもキリの悪いところでカットして検索しても出てくるのかな?と思ったのでやってみました。

 

”テープ起こしを頼まれた当初は、テープレコーダーを聞きながら書いて”

 

これを検索窓に入力! 

 

 

短くもないフレーズなのに、正確に炙り出されてしまうなんてある意味怖いですね。

「”」なしで検索してみる

 

 

全く自分のブログは出てきませんでした。こんな検索方法があったなんてしりませんでした。

有名な曲のフレーズでも実験してみました

 

「”」ありで検索!

 

”光の声が空高く聞こえる 僕” とやはり半端なところで切って入力! 出てきましたね。私のような無名のブログ記事も出てくるのですからあたりまえですね。

 

 

 

今度は「”」なしで検索してみました。

 

あれ!?おんなじ。。。あまりにも有名だとこういう結果になるんですね。

 

確かに、説明には

 

歌詞の一節だけを知っている曲を探しているときや、法律の条文の一部から全文を調べたい時に便利だ

 

と書いてあります。「Googleサービスがぜんぶわかる本」 参照

 

鼻歌を歌いたいけれど歌詞がわからないというときなどの検索に便利ですね。

 

有名な曲を「”」を「付ける」・「付けない」両方で検索してみたら検索結果がどっちとも同じだったので、納得がいかなくて、自分のブログ記事を実験に使うことを思いつきました。

 

知恵袋でお節介を焼いてきた

 

「歌詞の1フレーズしか覚えていないのですが調べる方法はありますか?」

 

知恵袋にはこのような質問もあるはずだと閃いたので、ちょっと知恵袋を覗きに行ってきました。質問、ありました。結構新しい質問じゃないですか!ドヤ顔で回答してきました。

 

でも、私も調べて見ましたが見つかりませんでした。その曲はネット上ではおそらく公開されていないのでしょう、検索結果に出てきませんでした。残念でしたね、その人。。。。

 

                        by ”ブリブリめんこ”

 

 

おまけ:Twitterにもこのことを書いてツイートしてみました。そして ”ブリブリめんこ” ってわざと書いてきたので、直後に検索してみました。出てきませんでした。どのくらい時間がかかるのでしょうかね?様子を見てみますね♪

 

3日経ったら、経過観察をするのを忘れてしまいました。思い出したのが7月7日です。8日後になってしまいましたが検索結果に出てきていますね。

まとめ

 

 

この検索方法は、たった一つしかないものを、本当にたった一つだけ探し当てることが出来るのだということが分かりました。

 

ちなみに歌詞検索はUta-Netが実際に歌も聴けて面白いですよ。歌詞の一部から曲を検索!Uta-Net

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.