特定の言葉をまるごと含むページが表示される検索方法 ダブルクオーテーションを付けて検索">

勉強したことをアウトプット

特定の言葉をまるごと含むページが表示される検索方法 ダブルクオーテーションを付けて検索

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは! めんか(@menkakaka)です!

 

検索キーワードの前後に「”」(ダブルクォーテーション)を付けて検索すると、その言葉をまるごと含んだページが表示される、このことについてです。

 

但し、文章が「一まとまり」になっていることが条件です。

 

結構長ったらしくても 正確 であれば検索結果に表示されるので驚きです!

 

このダブクオーテーションですが、正しい入力方法というのがあって少しコツがいります。

 

 

 

 

 

特定の言葉をまるごと含むページを表示するには「調べたいフレーズ」の両端に「 ダブルクオーテーション」を付けて検索します。

 

 

「”画面が白濁し、+アイコンが現れます。」で検索。

 

ちゃんと表示されました。

 

 

 

 

「”規」をクリックすると画面が白濁し、+アイ”」で検索。

 

 

ちゃんと表示されませんでした。

 

 

文章が「一まとまり」になっていることが条件です。

 

 

ダブルクオーテーション「 ”” 」の正しい入力方法

 

 

 

はじめに。。。。。。w

 

  • 「ダブルクオーテーション」は正確に入力します。
  • 「ダブルクオーテーション」は、全角でも半角でもどちらでも使えます。

 

 

 

ダブルクオーテーションには、全角の「””」と半角の「””」がありますがコレが曲者なのです。

 

全角「“” 」には正しい向きというものがあります。払う方向なんてのがある( ムズ。。。。 )

 

一方、半角「””」には向きはありません。

 

全角でも半角でもどちらでも使えるのであれば「半角」で入力したほうが簡単です。

 

 

 

 

「Shiftキー」 + 「2」で ダブルクオーテーションは出てきます。

 

「全角」「半角」両方 候補として上がるので半角の方を選んで使用します。

 

「半角”” 」間に「調べたいフレーズ」を挟んで検索します。

 

私は「”」と「”」の違いに気付かず、しばらく「変だな?変だな?」とやっていました汗

 

以上に気をつけて検索するとちゃんと検索結果に、「特定の言葉をまるごと含むページ」が表示されます。

 

誰も読みに来てくれない記事もきちんと表示されますw

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク




スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.