WordPressで書くブログの行間が空かない・文字の大きさがバラバラになるのは何故?書き直すのが大変(TOT)">

勉強したことをアウトプット

WordPressで書くブログの行間が空かない・文字の大きさがバラバラになるのは何故?書き直すのが大変(TOT)

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんかです。

 

ある記事のフォントがバラバラで格好が悪くなっていましたのでビジュアルモードとテキストモードで見比べてみました。

 

すると、フォントの大きさの違う箇所は使われているタグが他と明らかに違うことに気付きました。

 

<div></div>というタグが勝手に入り込んでいました。

 

聞くところによると、この場合、これは取って問題ないとのことなので丁寧に取り除きました。

 

少ないアクセスの中でも、この記事は一番読まれていてしかも長文なので<div></div>の撤去作業は大変でした汗

 

 

 

 

「 divタグ」の撤去作業

 

 

正しく表示されているページがこうなので、代わりに<p>&nbsp;</p>や<p></p>で構成しました。

 

こんなふう。

<p>&nbsp;</p>

<p>&nbsp;</p>

<p>テキストモードでみてみると、文章の間に入っている「タグ」が違います。</p>

<p>&nbsp;</p>

<p>テキストモードでみてみると、文章の間に入っている「タグ」が違います。</p>

<p>&nbsp;</p>

<p>&nbsp;</p>

 

一部分ならば勝手に直してしまっていたのですが、1記事全体的がこんな状態で、しかも6000字超の記事。

 

面倒臭すぎて「どうしたものか」と思いつつ放置していましたが思い切って直すことにしました。

 

( 今だったらこんな事わけないのですが。)

 

しかし見た目上格好が整ってもタブーがあるかもしれないので一応先生に聞いてみました。

 

それでOKとのことだったので一つ一つ<div>というタグを削除し<p>タグに置き換えて・・・・としていったら文字のフォントが統一されてスッキリしました。

 

「フォントの大きさが微妙に違う」

 

私はこの現実を直視しようとはせず、気のせい!気のせい!と思い込もうとしていました。

 

1個1個比べると「お。。。んなじ。。。だよね?!。。。。」というレベル。

 

しかし、人が見ても変なレベルで文字フォントが違っていました。

 

 

 

 

テキストモードでみてみると、文章の間に入っている「タグ」が違います。

文字が大きいところでは「<p>&nbsp;</p>」・「<p>と</p>」が使われています。

文字が小さいところは<div>と</div>が使われています。

 

「 divタグ」って何者?

 

 

ブログはビジュアルモードで書くのに慣れきってしまっています。

 

Enterキーで行間を開けようとしても全然空いてくれないw

 

テキストモードで見てみるとEnterキーを押した分だけ<div></div>が増殖しています。

 

<div></div> って、行間にいくら入っていてもビジュアルモードではなにも反映されない不思議なヤツ。

 

「領域がどうの、とのこと」

 

使われているタグを調べるのに「ブログ」と「ダッシュボードの投稿欄」とをこんな風に2枚表示にさせて比較してみたりしました。

 

 

わざと小見出しを作って「ああああああああああ・・・・」だけでブログ風に記事を作ってみたり。新規で記事を書く分には全然どこにも問題は見当たりませんね。

新しく作るページでは現れないアイツ。

 

何故このベネッセの考える力プラス中学受験講座を振り返っての記事だけこうなっているのかが解りません(今は直ってます)。

 

余計なタグを削除して良いとのことなので安心して一つ一つ手作業で消しました。

 

すると見事に文字フォントが全部同じになってスッキリしました。

 

しかし、改行がなくなりベタベタと書いてあるだけになってしまいました。

 

が、以前と比べたら気持ちいいぐらいに文字の大きさが揃っています。

 

ここからは「ビジュアルモード」で「Enterキー」を押して行間を空けるだけの話です。

 

行が空くところには「<p>&nbsp;</p>」が入っています。

 

<div></div>を外すと<p></p>で囲まれる文章が必然的に増えることになりますが、コレが団子になるのですね(笑)

 

まさにコレ状態 ⬇

 

この記事は旧ブログからエクスポートしてこのブログにインポートして引っ越ししてきたものです。。。。

 

とは関係があるのかどうかは解りませんが、加筆修正が多いのもこの記事です。

 

不明です。何故ゆえにこうなってしまうのかがw

 

分かるようになったら加筆します。

 

ともあれ、タグを置き換えたら文字のフォントが統一されてスッキリしました。

 

はじめは迂闊にいじってはいけないものかと思っていました。

 

でも、よくよく考えるとこれはブログ1記事の下書きに過ぎず「設定を変える」とは別物なんですよね。

 

最悪、全部削除したって全く問題がない。

 

あれから「ディブる( めんかの造語 )」ことはなぜかなくなりました。

 

最近、ブログ記事を大幅に改造したいときにすることは、

 

  1. 元の文章を加筆修正しながら、新規のページに全部引っ越しします。
  2. URLだけ従来のものを取ってきて付ける。

 

「URL」だけお引越しです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.