感染性胃腸炎に・・・二酸化塩素分子の力で空気清浄!?">

子育て・覚書

ごはんつ めんきちゃん COM

感染性胃腸炎に・・・二酸化塩素分子の力で空気清浄!?

2018/05/17
 
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

上の子供が感染性胃腸炎になりました。下の子はこれから学校行事等が目白押しなのに・・・家中緊迫したムードです。

どこで調べたのかわからないのですが主人が「次亜塩素酸」を買ってこいと・・・部屋に置くタイプのウイルス除去剤らしいです。置くだけで空気の清浄が出来るのか・・・

 

薬局に行って実際に買ったのは、「二酸化塩素」が成分主のもの。「部屋置きタイプ」ということばかりに頭が行ってしまい「次亜塩素酸」というのはすっかり忘れてしまっていました。

 

ウイルスを除去するって書いてあるので、頼まれたものとはちょっと違ってしまったけれどこれでも大丈夫かな。

 

感染性胃腸炎!!上の子、40度の熱を出して起きてくるの巻

 

今朝は家族が全員朝早出のわけで、「やったラッキー!」と思っていると、上のがやけにゆっくりしている。

 

主人に言うと大騒ぎになるので?出勤を待つかのように「具合が悪い」と言ってきた。40.2度熱がありました。

 

かなりだるそうで、「医者に行くよ!!」って言うとやけに素直に出かける準備をしているので、よっぽど助けてほしいんだなーと思いました。

 

先生は、お腹の音を聞いただけで感染性胃腸炎と診断。

 

今回は40度も熱があったので診察室にまで同伴しました。

 

いつも家では無口ですが、ちゃんと先生に症状を言えていて笑ってしまった。

 

しかし、後から考えると同伴したのは本当に正解でした。

 

第一、子供が先生から言われたことが私に伝わらないだろう。

 

普段な~んにも言わないからね、「お金くれ」っていうときしか。

 

感染性胃腸炎のときの注意

 

「人に移す病気だから特にトイレの後とか気をつけてね」とのこと。

 

感染力が強い、人に移す病気は他にも「溶連菌」・「ロタウイルス」・インフルエンザetc・・・いろいろありますね。

 

手洗いが大切とのことです。

 

胃腸炎は下痢止め飲まないほうが良いとのこと。全部出しきったほうが良いんですって。

 

もらったお薬は、うちが処方された薬の場合「食前に飲むもの」・「食後に飲むもの」両方ありましたが、飲めるときに一度に飲んでも構わないと言われました。

 

「今買った経口補水液で薬を飲んで大丈夫ですか?」

 

と、とっさに思いついた質問なんですがOKでした。

 

注意としては「脱水にきをつけること」当たり前のようですが、これに尽きるそう。

 

「食欲が無いから良いや」「安静が大事」と誤解をして放置することのないようにしたいですね。

 

診察が終わって薬を待つ間、車で待たせていたのですが、薬局でぬるい経口補水液を買って与えときました。

 

脱水に気をつけるといえば翌日TVで、駐車場に止めてある車に子供を放置して15分で具合が悪くなったということを言っていました。

 

昨日は窓開けでもかなり車内は暑かったです。大きい子だったから油断してしまいましたが、脱水には気をつけたいものです。

 

 

医者から帰ってきて、さっき部屋を見に行ったらヘッドフォンして何かの講座を受けていた。学校を数日休まなくてはならないのはイタイ。

 

感染症をもらってくる原因

 

病気の原因には疲れもあるそう。決して病弱な子じゃないのだけれど最近ハードでしたので。そういときはウイルスをもらってきやすいという話。

 

去年は一年間運動、全~然しなかったのに急に運動部に入って、おまけに合宿もあって疲れもあるみたい。

 

寒暖の差が激しいと体調崩しやすい人多いみたいだし。

 

寝不足も良くないそうです。

 

確かに、いつもいつね寝てるか分からない子です。付き合いきれないから先に寝ています、こっちは。

 

部活では先輩たち体力あるんだろうな。新入生というのもあってマイペースでは居られないんだろうから大変だ。。。気疲れもあるのでしょうね。

 

自転車で学校まで行ってそれから部活動なんていう無謀なこともしてます。どれだけ疲れるかとか想像できないのかね。家から学校までの距離はかなりあります。

 

買ったもの

 

空間に浮遊するウイルス菌・ニオイの除去剤

 

「大幸薬局 ウィルシールド」

 
 
値段の差は、薬剤の量の差なんだそうです。小は1ヶ月、大は3ヶ月効き目が持続。お部屋の大きさにもよるけれど・・・とのこと。
 
 
 
使用上の注意 
 
 
使用上の注意 
 
 
薬のセットの仕方
 
 
 
 
 
薬剤の 作り方
 
ボトルには液状の薬が入っているので倒さないように注意します。
 
別添の小袋の顆粒をボトルに入れるとゲル化してかたまります。完全に固まるまで15分待つそうです。
 
油を捨てる固めるテンプルみたいですね。
 
 
 
 
 
 
15分立って中を覗いてみると固まっています。傾けてもこぼれてきません。

これをパパが子供部屋に一つ置いとけって。

 

食べやすい食料の数々

 

食欲のない子供のためにあれもこれも買ってきました。

 

結構回復するのは早かったりしますので、慌てて買いに走らないように。

 

過去にこれは喜んだ!というものなどを買ってきました。

 

  • ヤクルトジョア
  • りんごゼリー・ぶどうゼリー
  • りんご(擦って食べさせるよう)
  • しらす(お粥にでも乗せようか)
  • ご飯ですよ(同上。今小分けタイプなんて言うのもあるんですね、知らなかった)
  • あさりの味噌汁
  • せんべい
  • チーズ蒸しパン
  • 鶏ガラスープ(今切らしているだけというのもあります)
  • ペットボトルで使えるストロー(フタをいちいち回して開けなくてもいいというスグレモノ)
  • はんぺん
  • カニ玉
  • フルーツ缶詰

 

食欲のない消化器系の病気のときは気を使いますね。

 

やけに大量ですけれど、次の日下の子も休んだので2日分✖2人分ですからね。

 

それに全部は食べていません。

 

はんぺんは食欲のないときにも食べやすいですよね。楽天レシピID1980018483 食欲のないときにも はんぺんチーズサンド焼き

 

変なネーミングをしたなあと笑ってしまうんですがこんなのも作ったことがあります。今日は、夕飯に普通にカニ玉、作りました。楽天レシピID1980014530 かに玉の素~ボリュームアップ~

 

2日目のお昼は2人ともお粥のほうが嬉しかったみたい。

 

(炊飯器剥げててみっともないんだけれど)こうやって炊くとスイッチを入れて放置しておけば出来上がるので便利です。お粥鍋やガスレンジで日を見ていなくても勝手に出来上がります。

 

 

「ごはんですよ」が小分けしてあるのは初めて知りました。

 

やっぱり回復が早くて2日めはダラダラといろんなものを食べに来ました。

 

 

気づき!! 買ったものリストを作っておくと「何食べる?」と聞くときに便利

 

買ったもの写真をブログように撮っているときのこと。

 

良いことを思いつきました。

 

買ったものを紙に書いていくというもの。

 

何が食べたい?って聞くときに、私のほうが全部思い出せないから笑。今だって「はんぺん」の写真を見て「あ~買ってあったんだ~。。。」ってなってしまいましたので。

 

写真見ながらメモしました。

 

そしたら、いろいろ買ってやったのに、食べたいものはもともと家にあったプリンだと!(1日めの話)

 

家で数時間立った後は、自分で探して勝手に食べてましたので、この方法は役に立ったようです。

 

それにしても、今朝40度の熱を出していたのに、半日たった今ではもう、2Fからリビングにウラウラ~と降りてきては冷蔵庫の中を何度も物色している。(翌日は、根菜の入ったお粥という、しっかりしたものを食べられるようになりました)

 

軽いハプニングが。。。

 

薬局で薬をもらうので、週刊誌を手に取り座ろうとすると、外が騒がしい。

 

どこかの車が「プッ!プッ!プッ!・・・」大きい音鳴らしててうるさい!と思ったけれど、なんか嫌な予感。

 

うちの車だった。

 

うちがこんなのになったのは初めてで一体どういう状況でそれになっちゃったのか?

 

薬を待っている間、車で待ってろ!と子供に鍵を渡したはずなのですが、見に行くと

 

子供が車の外に立っていて、ドアが開けられなくて困っていました。

 

よく見かけますけど、何をするとああなるのか。。。

 

鍵を開けたら直ってしまうという不思議な現象でした。

 

まとめ

 

我が家としては最近起こらない事が起きたので新鮮だったのでブログ記事にしてみました。子供が病気で苦しんでいるのにブログの材料にして楽しんでいるなんて悪い親w

 

胃腸をやられたときはまず水分補給とのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつ めんきちゃん COM , 2018 All Rights Reserved.