鶏ハツモトの串焼き

鶏肉のハツモトという部位。ここも実は串焼きになるのをご存知でしたか?

「ハツモト」とはその名の通り「心臓の根元」。

心臓とレバーを繋ぐ希少な部位ですがもともとは廃棄処分されていた部位とのこと。

「まかない」で食べたら美味しかったのでメニューに追加したという話があります。

コリコリとした歯ごたえもあって、酒呑みにはたまらない串なんだそうです。

ハツモトとは何処の部位?

鶏レバー周辺は3つのパーツに分かれる。

「レバー」と「ハツ」の間の脂みたいに見える部分が「ハツモト」です。

         

何処でカットするのか?

ハツモトを大きく取りたければそのように臨機応変に決めます。

「今日のハツは小さいね~。」

仕事で仕込みをしているとこんな会話になることがあります。

個体の大きさによって心臓の大きさも違うようで面白いですね。

左から「ハツモト」「ハツ」「レバー」になります。

しつこい。

左「ハツ」、右「ハツモト」の串。

ハツモトのカロリーは?

ちなみに「ハツモト」のカロリーってどれぐらい?

「ハツ」が100グラムで207kcalですが、食感からするとハツモト以上だと思います。

何処を調べても出てこないのですがよくよく考えたら、何処から何処までをハツモトとするかによっても違って来ますね。

コリコリとした食感で脂分も多そうなので、旨いに決まってます。

カロリーSlim 参照

「ハツモトの串焼き」が食べたいけど「ハツ」が小さい時は、境目が曖昧なことを利用して大きく見せてしまうのも手。

下処理不要

それと「豚のモツ」のように下ごしらえが必要という印象ですが、串に刺してそのまま焼いて食べられます。

関連:ちょっと変わった串焼き

タイトルとURLをコピーしました