鶏レバー・ハツ・ハツモト 3種類の焼き鳥">

勉強したことをアウトプット

鶏レバー・ハツ・ハツモト 3種類の焼き鳥

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんか( @menkakaka )です。

 

今回は「鶏レバー」をスーパーで見つけたので串に刺してみました。

 

レバーとハツがくっ付いているタイプです。

 

最近「楽天レシピ」にいろんな「串焼きレシピ」を投稿するのがマイブームです。

 

「鶏レバー」を買うと「レバー」「ハツ」に分かれていますが、実は「ハツ」だと思っているところに「あと一種類」くっ付いているんですよ。

 

「ハツモト」という希少な部位です。

 

 

一見、廃棄処分にしそうな部位ですが歯ごたえがあって美味しいんですよ。

 

酒飲みにはたまらない串なんですって。

 

捨てるのはもったいないですね。

 

鶏レバー周辺は3つのパーツに分かれる

 

 

 

店で売られている状態の「鶏レバー」と「ハツ(心臓)」

 

これが3種類の串焼きに変身します。

 

 

 

3種類のパーツにパツン!

 

左から「ハツモト」「ハツ」「レバー」になります。

 

 

 

「ハツモト」は「ハツ」の根元に付いていて、多く廃棄処分にされている部位なんだそうです。

 

しかし、これを串に刺して焼いて食べたら意外と美味しいので、メニューに加えたという焼き鳥屋さんを知っています。

 

 

 

 

 

ハツモトの串焼き

 

 

 

家庭用なので、ハツモトは串1本分も取れなかったのでハツ1個と一緒に刺しました。

 

 

 

 

追記:2019.11.12

 

 

 

右の2本が「ハツモト串」。ハツ21個に対して2本分取れました。

 

 

 

 

鶏レバーの串焼き

 

 

 

 

 

 

ハツと切離したら一口大にカットして串に刺していきます。

 

 

本当は「鉄砲串」で刺したほうが、レバーがグルンと回らないしデロデロしません。

 

「鉄砲串」はこういうやつ。串の幅が広く平べったくなっています。

 

 

 

「鶏レバーの串焼き」焼く前。

 

 

 

 

 

変更後w

 

 

 

 

ハツの串焼き

 

 

 

「ハツ」は鶏の心臓部分です。

 

 

 

 

 

 

「ハツ」の真ん中に包丁を入れて開いて串に刺します。

 

 

 

 

「ハツ」を開いたところ。どす黒い塊は「血が固まったもの」なので取り除きます。

 

焼いていると自然に取れるという話もありますが。

 

 

 

 

ハツに包丁を入れる向きの件

 

ハツの形状はだいたいこんな感じで、どっちが上とか無いのでしょうが片方が盛り上がっています。

 

 

 

 

写真上が、盛り上がってる方から包丁を入れる切り方。

 

写真下が、反対側から包丁を入れる切り方。

 

 

味は同じですが上のやり方のほうが格好が良い気がします。

 

 

 

串に刺していきます。

 

下の串が「ハツの串刺し」

 

 

 

 

 

焼くとこんな感じ。

 

 

 

 

 

追記:2019.11.12 新しい串焼きの写真

 

 

 

 

ハツモトの串焼き

 

 

 

左の写真が「ハツモト」。ハツの根元を切り落とした部位です。 

 

 

 

 

串1本にも満たない「ハツモト」。。。

 

 

 

 

「ハツモト」を焼くとこんな感じ。左半分が「ハツモト」。

 

 

 

 

「レバー」よりも食べやすい「ハツモト」

 

 

レバーのポクポクした食感が苦手な人には「ハツモト」のほうが噛みごたえがあって食べやすいかもしれません。

 

実は私も「レバー」の方は苦手ですが「ハツモト」だったら大丈夫な人。

 

ここって「大動脈」「大静脈」。。。。よくよく考えるとなんだかなあ。。。と思ってしまうのですが、考えないで食べると本当に美味しい(笑)

 

串焼きは面倒そうですが意外と簡単。

 

作り置きしてタッパーに入れて冷凍もしておけるので、ファーストフード的に気軽に食べれます。作ってみてください。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク




スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.