パイナップル冷凍保存するとデザートや料理に使い回せて便利な件

料理/生活/レビュー

果物って安いときが美味しいときで、買わなきゃ損という気分になりませんか⤴⤴

しかしパイナップルの場合は、大きいし冷蔵庫の中にいつまでも置いてあると冷蔵庫臭が付くし少し邪魔。

丸ごと1個買ってしまった日には、どうやって食べきろう?と軽く悩みます。

家族が皆パイナップル好きだったら一気に無くなりそうだけど、そうでもないからなあ。。。

TVでちょうど「パイナップルの冷凍保存方法」を放映していたのを観たので試してみました。

砂糖をまぶしてから冷凍保存すると1個1個がくっ付かないでコロコロパラパラになるというのでやってみたら本当にそうで、食感もまるでシャーベットのようでした。

デザートや料理に使い回せて何かと便利。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

作り方 ~砂糖をまぶして冷凍~

作り方は簡単

    1. ポリ袋にカットしたパイナップルを入れる
    2. 砂糖を加えます。
    3. ポリ袋をフリフリします。
    4. しばらく置きます。
    5. 冷凍庫にしまいます。

浸透圧を利用してパイナップルから水分を出すっぽいですね。

砂糖がパイナップルに行き渡ったらポリ袋のクチを縛って、冷凍庫で保存するだけです。

砂糖をまぶして凍らせるとカチ~ンとした感じがなくなりシャーベットのよう。

使いまわし術

シェークのトッピングに

フローズンドリンクの上に乗せると沈まないので見栄えがします。

ミックスベリーの紫色とパイナップルの黄色が反対色で対比が美しい。

加熱して酢豚に入れる

パイナップルを入れることによって「市販の肉団子を使った肉団子酢豚」が更に本格的にもなりました。

因みに、お肉の消化を助ける酵素がパイナップルには入っているそうですね。

「冷凍→完全に解凍」で甘くないパイナップルが甘くなる

丸ごと1個買ってしまったパイナップルが甘くないとちょっとがっかりします。

しかし解凍したあと放置して食べるこのパイナップルもなかなかなんですよ。

酢豚に入れると甘みが引き立つのは分かるのですが、意外ですね。

実は食べ残されたものを冷蔵庫に仕舞っておいただけなんですけどね。

「ケースに入って売っているカットパイン」に似た味がします。

凄く甘いということです。

そのまま食べる

冷凍したものをそのまま食べると、シャーベット代わりになります。

因みに、生でも甘いパイナップルの見分け方

甘いパイナップルの見分け方を以前別の番組で観たことがあります。

甘い部分が下の方なので形はズングリしている方が良いとのこと。

あんまりスマートじゃないほうが良いってことですね。

あと、私もなんとなくそうなんじゃないかなあ?とは薄々思っていましたがパイナップルは追熟しないそう。

しばらく常温に放置してあったパイナップルが美味しいのは、もともと美味しいパイナップルを古くならないうちに食べてただけだっただけかもしれませんね。

ということは、やっぱりまるごと買って食べきれないと分かっているパイナップルは冷凍してしまったほうが良いということですね。

タイトルとURLをコピーしました