サイトの見方">

子育て・覚書

ごはんつ めんきちゃん COM

サイトの見方

2018/05/06
 
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

中学生の子供が、サイトの見方を知らなかったので驚きました。

 

考えてみれば3年前、私もそうでした。Webページを次→次→次・・・と送って行くと、元のページに戻って来れなくなります。

 

検索して出てきたページがすべてだと思ってしまう。

 

サイトツリーの見方

 

 

下のド下手な木の絵のように、一つのサイトが関連しあっていることなど想像だにしていない・・・と大げさなことを行ってみるけれど、これは本当のことです。

サイトツリーの見本

↑ サイトツリーの見本はこちら

 

 

 

 

 

中1子供の夏休みの自由研究

 

わが子は、夏休みの自由研究の題材に「葉脈の研究」を選びました。

 

「自由に研究する」という名目なのですが、前の学期で習ったことを題材に選ぶ決まりになっているそうなので「葉脈の研究」にしました。

 

市販の掃除用の洗剤に葉を浸すと葉脈だけが残るというもの。

 

図書館で借りた本やインターネットを調べるわけですが、こどもは、

 

「葉脈」

 

と検索して出てきたページを見て終わり。

 

それはそれで、自由研究は滞りなく完了しました。

 

ふと、子供はWebページの見方を知ってるのかな?と思ったので聞いてみました。

 

すると、やはり知らなかったようです。

 

「ホームページ」というところをクリックしてみたら「○○○総合研究所」となっており、さっきまで見ていた小学生にもわかりそうな「葉脈」のページとは様子が違って字がびっしり書いてあり、子供はビックリしていました。

 

「葉脈とは」のページは、下の木の絵で言うところの「小枝の先に付いたリンゴ」に過ぎないのです。

「ホームぺージ」が太い幹の部分。

 

 

某有名私立高校の学校見学に潜入。。。そこで見たものは!

 

2年前も今と変わらず専業主婦で暇だったので、子供の塾で集った「高校の見学会」に申し込みました。

 

それも絶対に子供の手が届きそうにない某有名私立高校の説明会に。。。

 

サイトツリーの絵

 

そこで見たものは、「サイトツリー」の絵を一人一人に書かせた紙がクラス分?綴ってあるというものでした。

 

こんなような絵でした。

さすがだな、と思いました。

 

今の時代パソコンぐらい自由自在に操れないと世界から取り残されてしまうとのこと。

 

しかし、さすが・・・と思うと同時に高校生でも今さら学習する内容なんだ・・・と危機感を覚えました。

 

自分も3年前まで、1つのサイトがサイト内でいろんなページ同士で関連しあっていることなど想像だにしていなかった人でした。

 

サイトの見方はもう、スマホを弄りだす年代になったら教えたほうが良いのでは?と思いました。

 

何故教えてあげないのでしょうか。

 

ネットリテラシー

 

サイトの見方はスマホを使える年代になったら知っておいた方が良いと思うのですが何故教えてあげないのでしょうか。

 

もしかすると知っていて当たり前だと、大人は思っているのかもしれませんね。

 

私は自分が知りませんでしたが。

 

検索力が付いてしまうと有害サイトに行きつく危険があるからでしょうか。

 

お邪魔した高校は、「自分で調べて自分で考える」「倫理観を高く持つ」あと一つは何だったか・・・

 

とてもしっかりと学生を育てている高校です。

 

説明会を聞いていて感心しました。

 

「~~~してはいけない」というのではなく、「自分で調べて自分で考える」「倫理観を高く持つ」を徹底して人から信頼される人間になれるような教育をされています。

 

「倫理観を高く持つ」ということが出来れば、どんな情報をインターネットから浴びても「危険なものを作る」などという発想にはなって来ないと思うのです。

 

まとめ

 

今の時代の人はネットネイティブで、サイトの見方は自然と覚えるのかもしれませんが意外と大人でも知らなかったりする人もいます。

 

「サイトの見方」はパソコンを触り始めたら早めに教えたほうが良いと思います。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつ めんきちゃん COM , 2018 All Rights Reserved.