効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術 「効率化の鬼」ヨス  の書評">

子育て・覚書

ごはんつ めんきちゃん COM

効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術 「効率化の鬼」ヨス  の書評

2018/05/10
 
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

「効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術」 「効率化の鬼」 著書 ヨス

を読んでみたレビューです。

20年間パソコンを使ってお仕事をされているというヨスさんから得られる知識の詰め合わせパックという事ですね。

 

 

はじめに この本の使い方

 

この本には、たくさんの「便利なツールの簡単な紹介」がされています。

紙面が限られているので、あとは著者のブログを読みに行くという使い方が最適だということを発見しました。

本に書いてある、キーワード(太字?)をグーグル検索すればだいたい上の方に出ています。

 

Googleの検索窓にキーワードを入力!

 

 

著者のサイト

とてもわかりやすいので、ぜひググってみてください。

 

パソコンを始めると同時に身につけたいスキル

 
 
 私には、中学生と大学生の子供がいますが、中学生の方はスマホも持っていません。
 
 
しかし、 去年末に観たTVニュースで衝撃を受けてしまいました。今の時代はSNSでの発信が履歴書が代わりになるというのです。
インターネットでそのことについて調べてみると、このようなサイトも見つかったのです。
 
Chikirinの日記 「学歴よりSNSが大事」の本当の意味 学歴よりSNSが大事」の本当の意味  参照
 
 
パソコンなんか使わなくても勉強で良い点を取っていれば困る事は無いと高を括っているうちの子は不利なのではないか?
 
 
 

タッチタイピング

 

ビジネスマン向けか・・・と思いつつ、私も一応文章を書いて暮らしているので、パソコンを使うなら便利な方法は先に知っておいた方が良いと思い購入しました。

 

パソコンのキーボードを見ずに文字などを入力する「タッチタイピング」は、お箸や鉛筆の持ち方と同じで体で覚える的なところもありそうです。
 
 
子供が小学校の頃「TOSSランド」で学習していたのですが、タイピングもやってくれたら良かったなあ、とふと思い出しました。
 
 
TOSSランドとは・・・全国のTOSSに参画する教師が作る、指導案・教育技術の共有ウェブサイトです。
 
 
先生方がボランティアで土日返上で小学生と遊んでくれるという嬉しい集まりです。自分の学校の先生は一人いるかいないかで後は全員他の学校の先生。そんな先生方が地域からの協賛金の他、募金箱で募金を集ったりしながら運営が賄われています。
 
 
工作、縄跳び、百人一首(五色百人一首といって20枚でするゲーム)などの活動をされています。
 
 
TOSSランドにも、いろんな支所がありますが、ある支所での主な活動は五色百人一首でした。
 
 
強い子の独壇場になってしまいがちな部分もあって何とも言えないのですが。。。
 
 
百人一首は知っていてそれに越したことはありませんが、どうせならば一生役に立つスキルが身に付いた方が良いんじゃないかと思うように最近なってきました。
 
 
「タッチタイピング」のスキルは一生ものだと思います。たとえ一番になれなくても生涯役に立ってくれるスキルだと思います。
 

 

パソコンで自分の好きなことを発信することができます。

 

 

指使いなんかメチャクチャでもパソコンは使えますが、文字の入力だけでなく、パソコンでする操作はいろいろあります。

 

 

それが、キーボードを見ないでおしゃべりする速度で入力できるなんてすごいとおもいませんか。

 

 

 

TOSSランドみたいな団体で、是非こういうのも学習させてほしいです。

 

 

 

 

 

はじめに. タイピング技法は、ICTを活用する上での基本であり、タイピングが苦手なまま放置しているとパソコンに慣れ親しむことができず、ひいては「ICTを活用した課題解決能力(情報活用力)も身に付けられなくなってしまう恐れがあります。 逆に、タイピング速度が「話すスピード」に近づく人にとっては、パソコンを単なる“清書ツール”としてではなく、自分の脳(思考力)の延長として活用することもできるようになります。 本教材では正確な指使いを学びながら、P検レベル判定に基づいてタイピングを学習することができます。

 

タッチタイピング練習(日本語編)-Benesseマナビジョン 参照

 

上記の、タイピングの練習ができるサイトを発見しました。「珠算検定」があるぐらいなので「タイピング検定」もあるのかな?と検索してみたら見つかったものです。

 

「 効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術 」

 

パソコンで初めに設定しておくと、後々便利に使いこなせるツールの紹介もされています。

 

学校で1人1冊持っていてもいいくらいの1冊だと思います。

 

 

 

 

他の章では、クラウドサービスやSNSの使い方なども書かれています。

 

 

Googleサービス・Facebookの使い道など、パソコンでお仕事をするのに絶対に知っておいた方が良いこと満載。

 

本に載せきれない情報も、「リンク集ページ」としてサイトのURLを載せることにより解消されています。

 

論文・レポート・ブログの執筆に欠かせない機能! 「タッチタイピング」と共に覚えておきたいものです。

 

学校で子供たちにも教えてあげて欲しいですし、裏表紙のお名前欄に、小学生~高校生までぐらい 「お名前覧」 があっても良いくらい。   

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「守破離の守の部分」

 

 

 
「自分が遠回りしたから他の人にはそうなってほしくない」

 

ヨスさんの言葉が印象的です。

 

守破離の守の部分は特にしっかり固めておく必要があります。ですが、基礎固めには時間や労力をたくさん使います。

 

16ページ 
 人間は単純作業でない「クリエイティブな仕事」に対してだとモチベーションも上がる
 
 

 

PCは創作活動が出来るツールでもあるんです。この下手なブログのように。

 

 

 

あと、娘の上手な絵のように。
 
 
 
 

 

 

ゲームや動画・音楽を楽しむだけというのはもったいないですし、今の時代はSNSでの発信が履歴書代わりになるなんていう話も聞きます。

 

 

人間の目には、目に見えるツイートのみかもしれませんが、AIにはもう既に膨大なデータが蓄積されているって知ってました?

 

 

特に若い人にはこれからパソコンは必須アイテム。

 

 

ヨスさんの本を見ながら、パソコンの基礎を設定したら

 

 

速く、何か作りましょ!

 

 

陶芸作品を載せて、こだわりを語ってくれても良いですし。

 

 

ピアノが上手に弾けたなら、YouTubeのみならずブログの方にも溜め込んでおくとか。

 

 

理科や社会の研究発表なんかも、Facebookのグループ機能を活用したりして共有するのに使ってしまえばいいのに。

 

 

地域・学校内・クラス内・カップルで交換日記!?

 

 

プライバシーはちゃんと使えばきっちり守られるようですし。

 

 

 

 

自分周辺で活かすヒントになる本

 

この本を読んで、私が思ったこと、まとめ

 

Fcebookで学校連絡する ~紙を使わない・一斉連絡が出来る~

 

 

Facebookの活用方が書かれている168ページを読んでふと思いました。

 

Facebookではグループ機能というものがあり学校連絡はこれで出来そうな気がします。

 

マチコミなどのアプリも、学校は使っていますが行事などの時に特別に送信されてくるのみです。

 

発信者が一人という事なんだと思います。

 

「普段のプリント」「落とし物」「出欠確認」etc・・・メンバーが皆で発信しあえると解決できそうなきがします。

プリントは失くしてもスマホは失くさないし確実に親に連絡が行くのではないか。

 

落とし物の連絡も、出欠確認もスムーズ。

 

実際にそうなるかどうかは別問題ですが、この本は自分周りのことでのアイデアのヒントになる本だと思います。

 

 

あと、先ほども書きましたように作品発表会みたいなものも出来てしまいそう。

 

 

 

オタク化のすすめ

 

みなさんそれぞれ違った書評

 

この本を読んだ人の書評を片っ端から読ませていただきましたが、みんなそれぞれ感心するところが違っていて面白かったです。

ヨスさんのサイト『 #光速仕事術 』の感想(書評)

「ココが感心した!」と書いてあることが、私にはちょっと良く分からない。

 

しかし、たぶん私が学校連絡がどうの、と言っているのを

 

「・・・・・・」

 

と思う人もいるのではないでしょうか。

 

私が、もう一つ感心したのは、

27ページ 
 
デスクトップにショートカットキーは3個まで。写真は全部ピクチャに。。。
 

 

 
テキスト(文字)でも表示することが出来るので、画像にきちんとタイトルを付けて置きさえすれば、デスクトプに置くよりも結果的には効率は良いんだなと分かります。いくら整頓してデスクトップに画像を置いているつもりでもゴチャゴチャになってしまい、なんでこう上手くいかないんだろう。。。とちょうど思っていたところでした。

 

 
 これも、

 

 

「・・・・・・」

 

ですね。

 

何をゴチャゴチャ言ってるの?と思うかもしれません。

 

 

でも私は私で独自に脳内で閃きが起こっています。

 

そのことに興味関心を持って携わっている当人にしか起こらない気付きもあるものだと思います。

 

 

みなさんオタクになりましょう。

 

 

別の仕事をする別の人ならば、私とは違う閃きが起こるでしょう。

 

 

 

この本を読んでヨスさんのようになるとかではなく、読む人が独自に 自分の既に持って いる知識と掛け合わせてみる。

 

 

そして、自分周りで活かす。

 

 

 こういう使い道が良いと、ヨスさんもこの本の中で書かれています。

 

 

 

あってますか?

 

 

 

今は、皆がグローバル社会の一員

 

今は、自分の専門分野を持ち、発信した方が良い時代なんだそうです。世界中の人とコミュニケーションができるのも必須で、英語も母国語を話すように、意志まで伝えなくてはならないそうです。

 

 

母国語でも難しいところを、しかも英語で、それをやらなければいけなんです。

 

「英語」・「パソコンスキル」・「発信力」

 

は重要素です。

 

 

 

ヨスさんのブログのなかで、最近私が気に入っているサイト・記事

 

 

「効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術」の書評とは関係なくなってしまいますが、ちょっと書いてみたいので書かせてください。

 

 

「英語びより」「英語の発音」のカテゴリ

 

英語びより「英語の発音」のカテゴリ

 ヨスさんの別のブログ。

 

発音の仕方の記事なのですが、口の中のイラストも大きく載っています。ヨスさんがご自分で書かれたものだと思いますが、インターネットですと、これだけ大きなイラストが何枚載っていてもがさばりません。

 

IPadの記事

 

私のブログでは娘の描く「めんこ」の絵がたくさん使われています。 

この記事は、単語登録に・・・と読んだはずなのですが、IPadのほうに目を奪われてしまいました。イラストをササッと描いているところの動画がいっぱいで、娘が絶対にハマると思うと、欲しくて仕方が無くなってしまいました。

 

最近習得した 「写真画像の扱い方」✖「IPadでのお絵かき機能」

 

これを駆使すると、アイコンなども簡単に作れてしま良そうだということに気付きました。

 

 

 

キーボードの記事

 

タッチタイピングをきちんとやるのでしたら、ちゃんとしたキーボードを子供にも使わせたいなぁ、と思っているところです。

 

キーボードのことが書かれている記事一覧

 

たまたま読ませてもらった記事を探したのですが、キーボードのことだけでも一体何記事あるのかわからなくなりました。

 

 

 

学校で「タイピング検定」でも集ってくれたら、テスト勉強並みに勉強すると思うのですが、無いのが残念です。

 

 

 

まとめ

 

20年間パソコンでお仕事をされてきた人からでしか得られない知識が集まっている本だと思いました。

 

 

ネットで調べれば、情報はゴロゴロ無料で転がっていますが、サーチ力も相当でないと目的とする情報に、おそらく出会えません。

 

 

パソコンを使う上での62の技の詰め合わせパックです。

 

 

論文などのレポートを書く人にはこの本はおススメだと思います。
 

 

 

おわりに

 

私は、はじめ暇つぶしでブログを始め、

 

ジュンイチ SNS活用法のカテゴリ

 

この辺の記事を読んで、無料ブログからWordpressでのブログに切り替え、SNSアカウントも取得し、今に至りました。

 

未だに毎日わけが分からないのですが、SNSで皆さんにお世話になりながらブログを書いています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつ めんきちゃん COM , 2018 All Rights Reserved.