効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術 「効率化の鬼」ヨス  の書評">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術 「効率化の鬼」ヨス  の書評

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

「効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術」 「効率化の鬼」 著書 ヨス

を読んでみたレビューです。

 

パソコンスキルを上達させる技がたくさん紹介されている本ですが、それを覚えるだけが目的ではない本だと思いました。

 

私は「Facebook」の件辺りで「子供の学校のこと」と結びつけてアイデアが湧いてきました。

 

 

自分の既に持って いる知識・関心事と掛け合わせて 自分周りで活かす。 こういう使い道が良いと、ヨスさんもこの本の中で書かれています。 あってますか?

 

ブログと一緒に読むのがオススメ

 

私もブログを書いているので気付いたこと。

 

「パソコンのソフト?」「サービス?」などの「バージョンアップ」「更新」「ルールの改定」などがあっても本に書いてあることはそのままです。

 

しかし、ブログは書いてある内容を修正することも出来ます。なので、記事の更新をすれば情報が古くならないと思うんです。ブログなので、ギチギチに文字を詰め込まなくても良いですし。挿絵なんかも入れ放題。

 

本に書かれている内容は、もともとヨスさんがブログで熱く語ってらっしゃることばかりだと思いますので、ヨッセンスを見に行くと良いかもしれません。

 

ブログ内検索でキーワードを入力すれば該当記事がすぐに出てきます。WEB全体で検索しても大体上位に出てきますYO!

 

タッチタイピング

 

うちの子供は小学校の頃TOSSランドで学習していたことがあります。百人一首が主な活動でした。

 

今思えば「百人一首」に加え「キーボードのスキル」も、こういう団体で教えて貰えれば良かったなあと少し思います。

 

パソコン関係のスキルだったら生涯役に立ちそうだということ。キーボードは正しく覚えると、キーボードを見ないで「お喋りする速度」で入力することも可能なんだとか。

 

訓練は、大人になってからでも遅くはないとのことですが、よっぽど必要に迫られるようなことがない限りは、相当なエネルギーが必要だと思います。

 

なんでもスポンジのように吸収出来る幼少のうちに、こういうことはインプットさせておきたいものだと私は思います。本にも頭で覚えるのではなくて体で覚えると書いてあります。

 

それに

☆「キーボードを見ながら」

☆「キーボードを見ないで」

2つのタイピング方法を比較すると、「使われる脳」が違うそうです。

アウトプットに使う労力がタイピングの方にばかり行ってしまってはもったいないですね。

 

キーボードはあくまで文章を出力するための道具で、タイピングでいちばん大事なのはアウトプットされる内容です。

効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術 「効率化の鬼」ヨス 参照

 

ブログの方にも記事がたくさんありますが、タイピングの基礎を習得することはとても大事なんだなあと思いました。

 

ふと、なんとなく「ピアノ」のことが頭に浮かびました。「ピアノ」ができる子は頭が良くなるというので、そんな不順な動機から子供にピアノを習わせた経緯がありますが、「タイピング」も「ピアノ」に相当する効果があるのかな?と思ってしまいます。

 

ブラインドタッチ(タッチタイピング)のコツ! 3つの上達法 ヨッセンス  参照

学生・社会人になる頃には(パソコンでアウトプットをし始める時期)には、ヨスさんのおっしゃる、

 

「おしゃべりと同じ速度でキーボードを打つ」

 

を完成させておきたいですね。

クラウドサービスやFacebookの使い方なども書かれています。

 

「クラウド」という言葉をご存知でしょうか?インターネット上の「自分だけのスペース(=クラウド)にデータを保管しておき、どんなパソコンやスマホでもデータを見たり、入力できるようにするWEBサービスです。

「効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術」 効率化の鬼 ヨス 参照

 

「Googleサービス」・「Facebook」などは私は高校生・大学生にも勉強してもらいたと思っています。

 

ネットネイティブ世代であるはずの親族の一人とも話しましたが、「Googleサービス」・「Facebookの便利な使いみち」などについてはそれほど深くは知らないようです。お友達とだけではなくて「仕事上のコミュンケーション」ツールとして使えるようです。

 

クラウドサービスは例えば「Dropbox」「Evernote」「GoogleDrive」「Facebook」・・・あまり良く知りませんがたくさんあるようですが「Googleサービス」がオススメだそうです。

 

パソコンで初めに設定しておくと、後々便利に使いこなせるものの紹介もたくさんされています。この本は、学校で1人1冊持っていても良いくらいの1冊です。学校の教材として使われても良いぐらいだと思いました。

 

 

私は専業主婦なので「クラウドサービス」は必要不可欠というわけでもありません。

 

ですが、これからの人にはとっても必要な知識だと思うのでとても興味があります。うちの子供がこれから「大学生」・「社会人」になるんですよ。

 

自分の既に持って いる知識・関心事と掛け合わせて 自分周りで活かす。

 

この本の「Fcebook」のところを読んでいて、コエレを学校で使ったらどうなるか?!と変わったことを考えてしまいました。 紙を使わないで一斉連絡が出来ると思うので「プリントを配る」がなくなりそうな気がします。紙を使わないということで資源の節約のもなりそうです。

 

それと、「学校からのメールを一斉配信」ということは今もされていますが「一方的なもの」です。Facebookを利用するとグループ内で「コミュニケーションを取り合える」のではないか。

 

こんな良いことがありそう!

 

  • 落とし物の連絡の一斉配信をするとメンバーから返答をもらえる
  • 親に確実に連絡事項が伝わる
  • プリントは失くしてもスマホは失くさない

 

実際にそうなるかどうかは別問題としても、この本は自分周りのことでアイデアがいろいろに浮かんでくる本です。

 

効率化オタクが実践する 光速 パソコン仕事術 のレビュー記事(107件)を書いてる皆さんもそれぞれ感心するところが違うのが丸わかりで面白いです。

 

ヨスさんはメルマガも毎日更新されています。ヨスさんの近況報告みたいな感じですが、そこから学び取れることは、はっきり言って多いです。メルマガの方も是非登録してみてはどうでしょうか。

 

【無料メルマガ】ヨスのメルマガ「とんがった人生を!」を始めましたよー!! ヨッセンス 参照

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.