テープ起こしに挑戦  Googleドキュメントの音声入力を知る">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

テープ起こしに挑戦  Googleドキュメントの音声入力を知る

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
 
 
こんにちは、めんかです。
 
 
先日「テープ起こし」をして「議事録を作る」のお手伝いに初挑戦したのでそのことについて書きます。
 
 
ボイスレコーダーに録音してある10分程度の音声を文章に直して記録するというものです。
 
 
慣れている人でも1時間かかるものが私に出来るわけないと、最初思いました。
 
 
しかし、2人でやると1人の負担が軽くなることが分かりました。
 
 
 

 
 
10分程度の音声を文章にするだけのことなんだというのですが、私はテープ起こしなんて今までやった事なんかありません。
 
 
 
忙しいのでどうしてもめんかの手でも良いから借りたいというのでお手伝いをすることになりました。
 
 
 
結局私がやったことは、断片的に聴こえる単語を20個ぐらいメモっておいたことぐらいです。
 
 
 
 

しかし宿題が終わった後になって、Googleドキュメントの音声入力という方法を偶然知って大収穫でした。
 
 
 
 

 

 

 テープ起こしとは・・・
 
 
 
講演・会議・座談などで録音された人の言葉を聴き取り、その内容を文章に直す作業です。 
  テープ起こしとはwikipedia  参照
 
 
 
文章に直して保存して「議事録」のもととなるものをざっと簡単に作っておくように言われたのですが正直言って面倒でした。
 
 
「10分程度の音声を文章にする」
 
慣れた人間でも1時間からかかるものが私に出来るわけないと思いました。
 
 
知人はいつも会う人の話なのに聴きとるのが大変そうで、仕事のお持ち帰りで議事録を作るときはいつも1時間以上はパソコンに張り付いているそうです。
 
 
それを私がやるというのですから。
 
 
いつも一緒に仕事していない聞きなれぬ人の声だけを頼りに私に何が記録できるんだろうと思っていました。
 
 
「感嘆表現」・「咳」・「紙をめくる音」ばかりやけに大きくて肝心のテープの音はよく聴こえないのです。
 
 
 
一応メモったけれど、「こんなモノたいして役に立たない」と思っていたので言わないつもりでした。
 
 
 
初めに頼まれた時には、1時間以上やらないといけないと思っていましたが、聴こえなさ過ぎてあっさりとやめる決心がついたので気楽なものでした。
 
 
 
作業をし始めて早々に、こりゃ面倒だわ!無理!となったのでなんかいいツールはないかな・・・とググりました。
テープ起こしアプリなんていうものがあるらしいです。(今回は使ってみようと思いませんでした)
 
 
エバーノートでも音声を聴きとって(ボイスレコーダーからも)文字に起こしてくれる機能があるようです。
 
 
私のパソコンではなにやら足りないようで出来なかったですが、深追いはしませんでした。
 
 
この音声じゃ読み取ってくれないだろうと思ってましたし。
 
 
(確かにそうで、レコーダーから直接PCに聞かせて、というのは無理があるみたいです。)
 
 
パソコン設定の操作を覚えるのにまた時間がかかってしまうと思いました。
 
 
昼間、家で出来たことは、断片的に聴こえる単語を20個ぐらいメモっておいたことぐらいです。
 
 
 
 

テープ起こしを効率よく行うコツ

 

 
知人の食事中。。。
 
 
 
「どんなものでもいいから!」
 
 
というので先程のかろうじて聴こえた単語だけ羅列したものを読み上げたら、会議の内容を思い出してきたようです。
 
 
記録してある断片的なワードを私が読み上げると、書いて欲しい内容を喋るのでそのまま文字にしていきます。
 
 
こんなんで役に立つんだ。。。と驚きました。
 
 
 知人とは食事中にそんなことをやっていましたので、三角食べが出来ずおかずばかり無くなっちゃったよ、とほざかれました。
 
 
夕飯を食べながら、あらすじ的なものは出来てしまいましたのでめでたしです。
 
 
いったんこれで宿題は終わりました。
 
 
2人がかりでやるというのも一人の負担が軽くなります。
 
 
でも、ここからが面白いところ。↓
 
 
 

テープ起こしにはこんな方法もある

 

  •  テープ起こしアプリ
  • エバーノートの音声入力
  • グーグルドキュメントの音声入力

 

 
 
 
 
議事録作成作業はそんなわけで一応終了しました。
 
 
 
もう知人には、「これで良い」と解放されたのでググる必要も無かったのですがちょっと気になったので、もっと効率よくテープ起こし出来ないものかなあと、またPCで調べ始めてしまいました。
 
 
 
テープ起こしを頼まれた当初は、テープレコーダーを聞きながら書いていくという方法しか思い浮かばなかったのですが。
 
 
 
「テープ起こし」「効率的」と検索したでしょうか?
 
 
 
いつもツイッターで耳に?(いや、目だ!)する「音声入力」という言葉も思い出しました。
 
 
 
音声認識アプリなどは、無料・有料数えきれないほどあるみたいです。今回は、グーグルドキュメントの音声入力を試してみました。無料だし。
 
 
 
マイクを使って言葉を喋ると、私の発音が良いせいか(?)一文字も間違えずに文章に変換してくれました。
 
 
バカなこと喋ったのがそのまま出力されています。すごいの連発!
 
 
 
 
 
 
 
Google音声入力の精度が半端じゃない(他の音声入力ソフトとの比較やおすすめのマイクも紹介)  パソ活ラボ参照
 
 
↑ Googleドキュメントでの音声入力の設定はこちらのサイトを見ながらやってみました。
 
 
娘の英語学習のためのマイク(全然使ってない)が家に丁度あって良かったです。
 
 
パソコンのマイク差込口を使ったのもコレが初めてです。
 
 
料理の写真は美味しくなさそうなのに、こういう埃とかはやけに良く映ってしまうのはなんでだ!って感じなのですが。
 
 
 
 
 
 
 
 

知人は、唖然としていました。「Googleサービス」は便利なのに結構周知されていないみたいですね。私も今回始めて知りましたが。図書館に行くと「Googleサービスの全て」みたいな本は必ず置いてあるのですが。

 

次回からはこれでいこうと思います。

 

 

Twitterでテープ起こしアカウントにフォローされた件

 
 
 
 
 テープ起こしを頼まれて面倒臭過ぎてツイッターで呟いてみたらテープ起こし関連のアカウントからフォローされました。

 

呟く内容によって近づいてくるアカウントが変わるので面白いなあと思いました。
 
 
 
テープ起こしのアカウントを見に行くと、ブログも書いているようなのでちょっと覗いてきました。
 
 
 
テープ起こしには資格があるんですね。そういえば、新聞のチラシで通信講座が紹介されていたりしますよね。
 
 
在宅ワークも出来るようです。
 
 
 
               参照

 

 
引きこもりなのでメインアカウントじゃないところで稀に呟いています。ブログとTwitter、両方やっててこれです。
 
 
ともあれ、面倒臭い仕事を振られたことによって偶然良い方法を知ったので大収穫でした。
 
 
 
 追記
 
 
あれから、出来上がった議事録を知人に見せてもらいました。A4の紙にびっしり1枚分書いてありました。
 
 
私:「え?!私が拾った単語でこんなに書けたの?もう一回自分でもテープ聞かなかったの?」
 
知人:「自分でもう一回聞いた。」

 

なんかちょっと。。。

 

でもま、いっか。

 

尾木ママの講演会!メモを取るのにアイパッドが優秀

 

 

2018年7月1日に、千葉大学けやき会館大ホールで、尾木ママ先生の講演会がありました。その時に一緒に持っていったIPadが予想以上の優秀さでした。

 

ユニセフのつどい2018「Welcome UNICEF」尾木ママ講演会「グローバル時代の子育てと教育~」報告

 


 

会場は録音禁止だったのですが、そのまま公開するのがダメなのであって、こういうのはどうなの?と疑問になるくらいたくさんメモが取れました。オフィシャルサイトにコメントして聞いてみようかなと、少し思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.