テープ起こしに挑戦  Googleドキュメントの音声入力を知る">

勉強したことをアウトプット

テープ起こしに挑戦  Googleドキュメントの音声入力を知る

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!めんか(@menkakaka)です。

 

「テープ起こし」をして「議事録を作る」のお手伝いに初挑戦したので備忘録!

 

「Googleドキュメントの音声入力」も使ってみました。

 

「Googleドキュメントの音声入力」は「Googleサービス」の一つで、Googleアカウントを持っていれば無料で使えます。

 

スマホで「音声で検索」をしている世の中なのに、騒ぐほどでもなかったかな? って感じなのですが面白かったので書かせて下さい。

 

 

 

 

Googleドキュメントの音声入力

 

 

まずは、Googleドキュメントの音声入力を使わないでテープ起こしをやってみた。

 

ある日、知人に「テープ起こし」を頼まれました。と言っても短いものらしんですけれど。

 

私はテープ起こし未経験者、嫌~な予感がしました。

 

「ボイスレコーダーに録音してある、たった10分程度の音声」すら、記録するのに慣れた人でも1時間はかかるとのこと。これが正規の方法なんでしょう?

 

 

 

テープ起こしとは・・・

 

講演・会議・座談などで録音された人の言葉を聴き取り、その内容を文章に直す作業です。 Wikipedia 参照

 

 

 

予感は的中し、全然聞き取れませんでした

 

 

知人には、

 

「あ~、あれ?  単語しか聴き取れなかった~

 

とかなんとか言って早々に撤退させていただきました。

 

「感嘆表現」・「咳」・「紙をめくる音」

 

こんな音ばかりがやたらに大きくて肝心の話す声はよく聴こえませんでした。

 

そして、この聴き取れなかったのは入力のしようが無いので完全に諦めました。

 

別の話なのですが、1人で勝手に密かに、SNSで知った「Googleドキュメントの音声入力」を試してみることを思い出しました。

 

自分の声を入力すると文字がどんどんパソコンなどに自動で書き起こされていくというものです。

 

音声入力を使ってみる

 

やり方

 

 

 

GoogleのトップページからGoogleドキュメントのアプリを選択。

 

新規のドキュメントを作成する。をクリック。

 

 

「ツール」から「音声入力」を選ぶ。

 

「マイク」をパソコンに差し込み、話す準備ができたら「マイクアイコン」をクリックします。

 

 

「音声入力」をするのに使う「パソコンのマイク差込口」

 

 

娘の「英語学習」のための「全然使ってないマイク」が家に丁度あって良かったです。

※ 全く使っていませんでした。

 

 

話すときにはマイクアイコンをクリックして、話し終わったらもう一度クリックします。

 

自動入力されている文章を、キーボードを使って修正しながら、というのもアリです。

「自分で話す」なので、こんな作業も可能です。

 

実験でラジオの音声を拾わせてみたら「具合が悪かった」。こんな事があったので尚更そう思います。

 

 

音声入力実践

 

 

自分の声を直接吹き込む

 

「声を直接吹き込む」のに「Googleドキュメントの音声入力」を使うと力を発揮してくれます。

 

私の発音が良いせいか(?)ほぼ正確にコチラの喋った声をマイクが拾ってくれ、文章に変換してくれました。

バカなこと喋ったのがそのまま出力されています。すごいの連発!

 

次回、議事録作成を頼まれたら「Googleドキュメントの音声入力」 これでいこうと思います。

 

「会議の内容を聞き取れれば!」 の話ですけど。

 

ラジオの音声を拾わせてみた

 

これには無理がある事がわかりました。

 

途中で何度も途切れてしまい、手動でマイクのスイッチを「ON」に直さなければなりません。

 

どんどん勝手に進んでいってしまうラジオやテレビの音声の変換にはどうも不向きなようです。

 

「英語」「中国語」の発音練習

 

「イッテQヘビ ???」

そんなこと言ってないし、、、、 もうイヤ(笑)

 

何百回喋っても、どうしても「She’s」が上手く言えないw 

「英語の発音」練習は、数学みたいに数をこなせば良いというものではないことを見せつけられた事件。

 

中国語はなかなか良かった。

多分、旅行で使う代表的なフレーズ「マケテクレ」を「言葉の意味」からでなく「発音」から指導されたので当然かも知れません(笑)

 

「ラジオの音声を拾わせる」「英語の発音」「中国語の発音」レポートはこちら 

 

 

まとめ

 

 

特殊な技能が必要とされ、資格まである「テープ起こし」が「Googleドキュメントの音声入力」を使うことによって、いとも簡単に出来てしまうことを知りました。

 

そう、「Googleドキュメントの音声入力」はボイスレコーダーからの音声を読み込むのではなく、人間が喋る言葉を読み込むのが得意らしい。

 

参考資料

 

 Google音声入力の精度が半端じゃない(他の音声入力ソフトとの比較やオススメマイクも紹介) パソ活ラボ

 

ドキュメント エディターヘルプ 音声で入力する

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Googleドキュメントの音声入力で遊んでみたら、変換された言葉が面白かったので投稿❣

めんかさん(@menkicyan)がシェアした投稿 –

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.