豚バラ肉の脂身が苦手な人必見!冷めたお弁当でも美味しくなる!脱脂方法~

スポンサードリンク

「豚バラ肉」は調理した後、温かいうちに食べるのであればジューシーで美味しいものですが「お弁当」に入れると冷めて白い脂が固まり食感がイマイチ。

元は同じものなのにこうも違うのか。。。

私も子供の時から「白く固まったお肉の脂身」だけは苦手です。

「お弁当」に入れても「豚バラ肉」を美味しくする方法。

炒める・茹でるなどの下処理をした「豚バラ肉」を「砂糖」でまずコーティングするようにして炒めます。

その後「焼肉のタレ・みりん・酒・醤油」を絡めると不思議とあの嫌な食感がなくなります。

じっくり炒めて脂を出す

軽く熱したフライパンに重ならないように豚バラ肉を敷き蓋をして熱を閉じ込め脂を溶かします。

フライパンでじっくり炒めると、ある時を境に脂がシューッと出てくるようになります。

こんなに透き通った脂が染み出してきます。

豚バラの脂

出てきた脂は今まで捨てていたのですが、これも美味しく使えることが判明!

ほぼ足利シュウマイの作り方
夕飯に「普通のシュウマイ」を作るついでにお遊びのつもりで「足利シュウマイ」も作ってみました。 簡単に手に入るものでも無...

話を戻すと「脂抜き」の作業は、面白いのでついつい無心になってしまいがち。

しかし、炒め過ぎると「ポークジャーキー」というか「炭」になってしまうので見極めが必要。

ピッタリくっ付き合っている極薄のしゃぶしゃぶ用のお肉は、炒めるとボロボロになったり団子になってしまうのでこの方法は不向き。

でも、そこまでして豚バラをお弁当に入れたいか?という感じですね汗

この場合、躍起になって脂を落とそうとしなくても良い方法があります。

こうしてあるところまで炒めたお肉を「砂糖」でコーティングすると何故か脂身が目立たなくなります。

炒めるのを適当にストップして「砂糖」をまぶし、その後で他の調味料で味付けします。

「砂糖をまぶす」の前に「熱湯で流す」の工程を挿入するのもオススメ。

ザルに上げてお湯と脂を捨てます。

茹でて脂を落とす

さっきのフライパンではくっついてしまうような「超薄切りの豚バラ肉」は成形目的で先に茹でて使います。

たっぷりのお湯を沸騰させお肉を投入!箸でほぐしながらサッと茹でます。この後ザルに上げます。

その後炒めるも良し、そのまま「砂糖」をまぶして「その他の調味料」で味付けしても良し。

「微妙に厚めの豚バラ肉」の場合は先に茹でてしまうと、うねってフライパンへの接地面が少なくなり逆効果かもしれません。

薄切りの豚バラ肉に良い方法。

まとめ

豚バラ肉をお弁当でも美味しく食べるためには、茹でる・炒めるなどした後「お砂糖」でコーティングしてから調味すると食感が良くなるのでおすすめです。

会社だと電子レンジが用意されていたりしますが、学校ではお弁当の温め直しなんかしないと娘が言ってました。

「豚バラ丼」を「お弁当」に入れるのを諦めている人は是非、脱脂に一手間かけてみてください。

お肉の脂身には体に必要な成分も含まれているとのことですがカロリーが高いのも脂肉。

アツアツならば美味しいけれど、摂りすぎも良くないので私は普段のお料理のときにもこうしています♪

タイトルとURLをコピーしました