豚バラ肉の脂身が苦手な人必見!冷めたお弁当でも美味しくなる!脱脂方法~

調理後温かいうちに食べるのであればジューシーで美味しい「豚バラ肉」。

娘の大好物の「豚バラ丼」をお弁当に入れてみたこともあったのですが、冷めて白い脂が固まってしまいます。

元は同じものだけど、私も子供の時から「白く固まったお肉の脂身」だけは苦手です。

どうにかお弁当でも美味しく食べられないものか?

良い方法を思い付いたのでブログに書いてみました。

まずお肉だけ「炒める」「茹でる」など脱脂してから調味します。

但し炒め過ぎるとポークジャーキーになっちゃいますし、茹ですぎても旨味が無くなります。

躍起になって脂を落とそうとしなくても良い方法があります。

下処理したお肉を、まず「お砂糖」だけでコーティングすると何故か更に脂身が目立たなくなります。

ーーーーー

お肉の脂身には体に必要な成分も含まれているとのことですがカロリーが高いのも脂。

摂りすぎも良くないので私は普段のお料理のときにもこうしています。

炒めるが先茹でるが先何の差か?

肉の状態によってです。

先に茹でる

「極薄のしゃぶしゃぶ用肉」は、ピッタリくっ付き合っているので先に炒めると団子状にくっ付いてしまう。

フライパンの状態によってはボロボロになってしまうことも。

「まだ凍っているお肉」もそう。

お肉の状態がこんな感じのときは先に茹でています。

プリッと立体的になるというメリットもある。

先に炒める・焼く

微妙にちょっと厚めの豚バラ肉の場合は先に茹でてしまうと、うねってフライパンへの接地面が少なくなります。

炒めると言うより成形目的でフライパンに貼り付けて半生状態までさっと焼きます。

そして更にサッと茹でます。

どっち道同じなんですけど臨機応変にやり方を変えます。

更に脂を目立たなくする方法

実は、味付けにも技があった!

「冷めると脂が白く残る」ということで躍起になって脂を落したいところですが良い方法があります。

「下処理したお肉」を「砂糖」だけで最初コーティングするようにして炒めると、不思議とあの嫌な食感がなくなります。

「焼肉のタレ・みりん・酒・醤油」 はその後で絡めます。

実際の写真

「茹でる」が先の方。

たっぷりのお湯を沸騰させお肉を投入!箸でほぐしながらサッと茹でます。この後ザルに上げます。

「炒め」が先の方。

軽く熱したフライパンに重ならないように豚バラ肉を敷いていきます。

フライパンに蓋をして熱を閉じ込め脂を溶かします。

次に、熱湯にくぐらせます。

ザルに上げてお湯と脂を捨てます。

更にフライパンで炒めます。

「さっき熱湯で脱脂したはずでは?」

というぐらい透き通った脂がまた出てきます。

但し炒めすぎに注意。調子に乗ってやってると、ある時「もう少しで炭?」みたいになってしまいます。

豚バラの脂

「お砂糖」をコーティングする~の写真が撮ってなかったので後で追加しておきます。

ー☆ー代わりに小話でもー☆ー

お肉の脂身事件! ~会社の上司との思い出~

OLをやってた頃「すき焼き」を食べに行ったことがあります。

上司が近づいて来て何をするのかと思ったら、私が丁寧にはじいてお皿に集めておいた脂肉を見てこう言ったんですよ。

「〇〇さん!この脂身が一番美味しいんじゃん?!」

そして食べちゃった。。。

あの人今頃どうしてるかなあ。

まとめ

会社ならば電子レンジが用意されているところもあるみたいですが、学校ではお弁当の温め直しなんかしないと思います。

美味しい「豚バラ丼」を「お弁当」に入れるのを諦めている人は是非、脱脂に一手間かけてみては?

タイトルとURLをコピーしました