人間の脳は無意識でいるときの方が閃きが多いそうです">

毎日が自由研究 

スポンサードリンク

 人間の脳は無意識でいるときの方が閃きが多いそうです

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

人間の脳は無意識でいるときの方が閃きが多いと聞きました。

その閃きをすぐにアウトプットしないと、何を閃いたのかさえ一瞬のうちに忘れてしまうんだと知りました。

「DMN」(デフォルトモードネットワーク)と言うそうです。

学生の学習にも応用出来て、DMNを利用した学習のことを「想起学習」というそうです。

文字通りで、想い起す学習です。

勉強時間が少なそうに見えて成績が良い子というのは、これを上手に使っているんだそうです。

机に座っているときだけが学習時間ではないのですね。

 

 

「ふと思いついたことをすぐに忘れる」

 

言われてみれば本当にそうですが、ことさら意識したことは今までありませんでした。

 

しかし、私は最近Twitterで聞き、関連書籍を読み、TVでも偶然目にし・・・と度々見たり聞いたりしているのでもう完全に刷り込まれました。

 

思い出したことがあったら、メモをすぐに取るようにしています。

 

しかしメモだらけになってしまい、結果メモだけ溜まる一方だったりしています。

 

普段ボケ~ッとしていますが、こうしてみると結構次から次へといろんなことを考えているものなんだなあと思います。

 

 

今日は娘と夕方散歩に行きました。

 

わざわざ歩くということをしないと、毎日家の中を移動するだけになってしまい体に良くないので。

 

直線を行って帰ってくるだけのコースなのですが、ただ歩いてあるとつまらないので娘にはカメラを持たせてやりました。

 

行きは「問題出して~!」と、いつものようにウルサイのですが、折り返し地点で帰りに向かい始めると急に話題が変わりました。

 

英語の「TooとTo」「OfとOff」はどう違うの?と私に聞いてきたのです。

 

行きと帰りでは、ぽや~っと考えるにしても何か内容が違うらしいです。

 

娘の頭の中は今受験モードで、きっと我に返ってしまったんでしょうね。

 

目下の関心事って、いつもなんとなくぼやーっと考えているもので私もそうで、いっつもブログ記事のことを考えています。

 

娘のこの質問には、「そんなの私が知るわけ無いじゃん!」と言う感じでしたが、「想起学習」の意味を教えるチャンスだと思いました。

 

ムチュメにはこう言いました。

 

今、そうやってふと不思議に思ったよね。

こうやって思い浮かんだことって次の瞬間には忘れているんだって。

浮かんでは消えていくもので、どんどんアウトプットしていかないとどんどん忘れていくんだよ。

今めんこは、私にこうやって話したし、私もそれに反応してフィードバックしたから、ほら、きっとこのことは記憶に残る。

今疑問に思ったことはそのままにしちゃダメだよ。

「ToとToo」「OfとOff」だっけ?分かったら、どう分かったのか私にも理解できるように説明して欲しい。

 

「私に分かるように帰ったら説明してね、人に教えると定着するんだっていう話だよ!」

 

と、言っておいたのですが、ココは反抗期。裏切られました(笑)

 

けれどもちゃんと自分で調べてわかったと言っていました。

 

これをブログにでも書けば立派な1記事になりますね。

 

でも、よっぽど好きなことじゃないと書かないか、こんなことぐらいで。。。

 

何が彼女をそうさせるのか? と不審に思うくらい好きなことじゃないと。

 

私はというと、日々ブログネタのことを考えていてます。

 

ある冬の日のこと、

 

目覚ましが鳴る前に目が覚めてブログ記事になりそうな面白いことを思いついたのですが、寒くて起きるのを躊躇しているうちに内容を忘れてしまいました。

 

ブログ記事にしたかったことが閃いたのですが、何とか覚えていたのが、

 

「何を言いたいのか分からない件」

 

というフレーズだけ。

 

もう何を閃いていたのかさっぱり思いだせなくなっていました。

 

文字通り何が言いたいの?という感じです。

 

すごく面白いことが書けそうだったので寒いのを我慢して起きてしまえばよかった。

 

布団から出たらこれをメモするぞ! と努力して忘れないように気を付けていたのですが。

 

脳の中には絶対にしまってあるはずなのに二度と出てこない。

 

別の日にもそんなことがありました。

 

お風呂で明暗を思いついたのです。

 

そして、ブログ記事のどこかに追記するつもりでいたのにお風呂から出る頃にはすっかり忘れている。

 

こういう脳の仕組みのことは聴いていたのでメモはすぐに取るようにはしていたのですが、頭の中では考えが浮かんでは消えてを繰り返しているということが良く分かりました。

 

人間の脳は、散歩・入浴・寝ぼけている時などの方が、わざと頭を使ってるときよりもエネルギーの消費量が多いそうです。

 

このことも始めて知り衝撃でした。

 

そういえば、アイデアが沢山浮かんでメモをしまくった翌日はやけにやる気が出なくなる気がします。疲れるのかな?

 

毎日少しの時間でも良いので、学校から帰ったらその日の授業内容を思い起こしてみる、なんていうのもいいとDaiGoさんの本にも書いてありました。

 

英語学習法については、逆説的なことも書かれていて興味深いです。

 

日本人の英語学習の勘違い

繰り返し復習することで力がつく → 忘れる前に復習してはいけない

 

私は良い歳をしたオバサンなんですけれど、この本は説得力があり、実際に英語を勉強したくなってきましたし。

 

英語や学校の勉強に限らず、想起学習は効果がありそうです。

 

 

参照

 

「脳のアイドリング」が人間を最も疲れさせる 脳エネルギーの80%をも消費するDMNとは?  ダイヤモンドオンライン参照

科学的に正しい 英語勉強法  著メンタリスト DaiGo

「あなたを変える52の心理ルール」 著メンタリスト DaiGo

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ごはんつめんきちゃんCOM  , 2018 All Rights Reserved.