息子の大学受験のインターネット出願 ~コンビニで送金をしてきました~">

勉強したことをアウトプット

息子の大学受験のインターネット出願 ~コンビニで送金をしてきました~

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

 

 

こんにちは!めんか( @menkakaka )です。

 

「インターネット出願」

 

イレギュラーな処理なので、めんどくさい が先に立ってしまいますよね、子供の大事なことなのにもかかわらずw

 

息子の高校受験のときは全部 主人が用意してくれたのでノータッチだったし、今回の大学受験の出願は本人が手続きをし、私はコンビニから受験料を送金するだけでした。

 

終わってみると「 そういうことか 」なのですが、初めてやることって戸惑いますよね。。。。

 

「コンビニで受験料の送金」だけしかしていないのにパニックになりました。

 

息子の大学受験のときの話ですが遥か大昔のことのようです。

 

「息子が自分でパソコンを使ってインターネット出願の処理を行っている」と聞いていたので頼もしく思っていました。

 

すると、ある朝いきなり紙を渡されました。

 

「払っといて!」「今日中!」

 

考えてみれば親がお金払うのが当たり前なんですけれど、私にも何かやることあったんかい? という感じでした。

 

一切経過を見ていないので進捗状況がわからない中、受験の手続きの用紙を2件分持ってこられてビックリ。

 

大事な当日が入金の締切の書類を「今日の今日」持ってきたんですよ。

 

焦りました。もしも私がパートにでも出ていたらどうするつもりだったんだろう?

 

 

 

受験する大学が2校なので振り込み用紙が2枚あり、それぞれ違うコンビニで処理するような感じです。

 

後回しにしてしまって、うっかり忘れてしまったら大変なので何よりも最優先です。

 

 

子供「:「払っといて!」「今日中!」

私 :「なんで今日?!」

子供:「え、え、だって、こういうもんだから・・・。」

私 :「こういうもんって何?・・・・今、コンビニに行ってくるから!! 」

  :「出かけるときはちゃんとカギ閉めて行ってよ💢 」

 

パニック。

 

よく「スマホのやり方がわからない」と何回も聞くおばさんがいる。。。という話を聞きますが、あれは文字を見るのが大変なのもあるね。

 

ゴチャゴチャ書いてあって、こういうのを読むのは得意ではない性質。おまけに老眼。

 

 

コンビニには同じような人がたくさん来るので店員さんはこの用紙についてさぞ詳しいのだろう。。。

 

質問しましたが「機械でやっといて」ぐらいなもので、そこまで面倒見てくれません。

 

入口横に「メカ?」があったので タッチパネルで処理を進めていくと「該当大学が受付しておりません」とのエラーが出てきてしまいすんなりいかない。

 

店頭に持っていくと、1件分は機械でなくて「店頭で処理が出来る」とのこと。

 

「さっき用紙見せたし、慣れているんだったら教えてくれればいいのに・・・」

 

と自分がちゃんと読めないくせに心の中で逆ギレしているしょうもない、おばちゃん。

 

息子も息子で、持って来方が悪い!もう少し説明を付け加えてくれればいいのに不親切。

 

自分の大事な受験のことで、私に間違いを犯されたら後悔してもしきれないとは思わないのかね?

 

こういうイレギュラーな手続きは、失敗しながらやっと処理が終わったあとにやっと流れがわかり始めてくるというのが厄介。

 

それでもって、しばらくは縁がないという・・・

 

でも、パソコンを使って処理するなんて難しそうですが記入ミスが防げるのもWeb出願なんだとか。

 

紙の願書では修正不可のケースがあり、間違えた場合は一から書き直さなければなりませんが、インターネット出願では画面上で入力するので修正は簡単。申し込み前に自動でエラーチェックが行われるため、入力漏れなども防ぐことができます。

2015年3月に行ったマイナビ進学会員へのアンケートでは、約3割の受験生が「インターネット出願を利用した」と回答しました。「Web出願」「オンライン出願」「e出願」など、大学によって名称は異なります。

マイナビ進学   参照

 

 

願書の提出は昔は、手書きでやっていましたね。

 

もう何十年も前の話なので細かいことまで覚えていませんが、間違えないよ~うに 書くのにもの凄く神経を使ったような記憶があります。

 

手書きでの出願は、間違えたまま郵送してしまう危険性があったわけだ。

 

それを思うと「インターネット出願は」は便利ですね。

 

 

 

次回、こんなことがあったときのためにインターネット出願(Web出願)のやり方をメモしたことがありましたが、後で読んだら全然意味がわからないや。

 

 

問題のメモ

 

事前準備

  • インターネットに接続されたパソコン、スマートフォン、タブレット、プリンターなどを用意する
  • メールアドレスを取得する
  • PDF閲覧ソフトをインストールする
  • 顔写真のデータを用意する

 

書類準備

  • 大学のインターネット出願サイトにアクセス
  • 出願内容の登録
  • 指定の書類を印刷
  • 受験料の支払い(←  私がやったのはここだけでした。)
  • 受験票の到着

 

 

PDF閲覧ソフトをインストール?!

 

拒絶反応を起こしそう。

 

私は出願処理を実際にしていないのですが「見ているサイトをPDFファイル形式にしてダウンロードする」とは違うのかな?ソフトのインストールとやらは必要無いんだけど。

 

 

 

 

念のためにこのパソコンにそのソフトとやらがインストールされているのかを確認してみましたら、いつの間にか入ってました。

 

Adobe……Acrobat Reader がインストールされているか確認する方法 参照

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

子供にはあんまり親をあてにするなと予防線張っています。

 

 

私:「私が当てにならないのは分かってるよね?!」

子供:「うん、わかってる」

私:「よし!」(ホッとするみたいな)

 

 

下の子もいることだし、参考サイトのリンクを貼っておこう。

 

マイナビ 進学 インターネット出願(Web出願)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク




スポンサードリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© めんかの 毎日が自由研究 , 2018 All Rights Reserved.